M&A速報

GMOインターネット<9449>、インターネット広告会社のNIKKOを子会社化

2008/05/19

GMOインターネットは、インターネット広告会社のNIKKO(東京都渋谷区。2006年11月から2007年6月の8カ月の売上高は57億円、営業利益△1億2400万円、純資産△3300万円)の株式66.7%を取得し、子会社化することを決議した。NIKKOが実施する第三者割当増資をすべて引き受けるとともに、GMOインターネット代表取締役社長兼会長の熊谷正寿氏が所有する同社の株式(所有割合40%)を譲り受ける。

NIKKOは消費者と直結した双方向型のマーケティング手法が強みで、インターネット広告を軸としたコンサルティングを展開している。GMOインターネットは同社を取り込むことで、検索エンジン活用マーケティング(SEM)の展開とインターネット広告の販売強化を図る。

第三者割当増資引受額は8000万円、株式取得価額は4000万円で、取得総額は1億2000万円。取得予定日は株式が2008年5月20日、増資払込期日は2008年5月26日。

関連の記事

【5月M&Aサマリー】68件、4カ月ぶりに前年下回る|青森・福井で地銀再編が具体化

【5月M&Aサマリー】68件、4カ月ぶりに前年下回る|青森・福井で地銀再編が具体化

2021/06/07

2021年5月のM&A件数は前年同月比2件減の68件となり、1月以来4カ月ぶりに前年を下回った。国内案件は堅調に推移したものの、海外案件が7件と前年(13件)に比べて半減した。取引金額は総額2818億円と前年の1391億円から倍増した。

赤字が拡大するCAMPFIREはビジネスモデルを転換できるか

赤字が拡大するCAMPFIREはビジネスモデルを転換できるか

2019/04/21

クラウドファンディングの先駆けCAMPFIREの2018年12月期の純損失が6億3400万円となり、赤字幅は前期比で7%拡大しました。同社はサイト上で出資者を募り、中間マージンをとるビジネスモデル。早急にストック型モデルへの転換が必要です。

「仮想通貨」のPRに本田圭佑、香川真司両選手が登場

「仮想通貨」のPRに本田圭佑、香川真司両選手が登場

2018/08/21

仮想通貨関連企業2社が相次いでプロサッカー選手の本田圭佑選手と香川真司選手をイメージキャラクターに起用した。ビットポイントとGMOインターネットの両社で、本田選手は契約金を仮想通貨で受け取る。

電気料金の高い日本で仮想通貨マイニングの採算はとれるのか?

電気料金の高い日本で仮想通貨マイニングの採算はとれるのか?

2018/07/03

電気料金の高い日本では採算性が悪いといわれる仮想通貨のマイニングに一筋の光明となるのか。GMOインターネットは7月2日に、仮想通貨マイニングマシン「GMOマイナー B2」の後継機で、一段と高機能化した「GMOマイナー B3」を売り出した。

「仮想通貨」高性能マイニングマシンで金脈を掘り当てる?

「仮想通貨」高性能マイニングマシンで金脈を掘り当てる?

2018/06/29

GMOインターネットが10月末に出荷を予定している仮想通貨のマイニングマシンの受注が好調だ。西欧やアジアはもちろんロシアやアフリカ諸国などからも問い合わせが寄せられており、仮想通貨のマイニングに対する関心の高さが分かる。

M&Aで振り返る2016年 大型買収、再編の当たり年に

M&Aで振り返る2016年 大型買収、再編の当たり年に

2016/12/31

ソフトバンクグループの英アーム買収、日産自動車の三菱自動車出資など2016年は大型M&Aの当たり年でした。話題になったM&Aニュースを通じて16年を振り返ります。

「親子上場の問題(その1)」

「親子上場の問題(その1)」

2016/07/25

日本は親子上場している会社が多い。ソフトバンクとヤフー、日立グループ、NTTとNTTドコモ、キヤノンとキヤノンマーケティングなど有名企業が多く親子上場している。海外では、ロシアのガスプロムのように親子上場しているケースはあるが、少数派だ。今回は、親子上場のメリットとデメリットについて紹介する。

【GMOインターネット】オーガニックとM&Aグロースで一大グループ企業へ

【GMOインターネット】オーガニックとM&Aグロースで一大グループ企業へ

2016/04/18

数々のM&Aを実行し、日本を代表する総合インターネットグループへと急成長したGMOインターネットグループ。同社グループのM&Aに対するスタンスを紹介する。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア