GMOインターネット(東京都)は、ドメイン登録サービスを行うブライツコンサルティング(東京都)が実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決議した。

GMOインターネットグループは、ドメイン事業においてgTLD(トップレベルドメイン)の国内シェア91.5%と圧倒的No.1のポジションを確立しているが、ブライツコンサルティング社の子会社化により、新gTLD(新たに誕生したトップレベルドメイン)の領域でも国内シェア85%にせまる圧倒的No.1のポジションを獲得することとなる。

第三者割当増資引き受け後の株式保有割合は80.0%。

払込総額は非公表。

払込期日予定日は平成27年10月13日。