サノヤホールディングスは子会社を通じて、オーストラリアのメルボルン市にある大観覧車Melbourne Star Observation Wheelの施設と運営事業を取得することを決議した。取得先は大観覧車を保有するオランダの金融機関INGグループ。

サノヤスは主力の造船事業に次ぐレジャー事業部門を強化するため、海外での新たな事業展開を検討していた。対象事業の大観覧車はサノヤスが建設を請け負っており、施設内容をよく把握できていることから海外展開の第一歩として取得を決めた。

取得価額は約41億9000万円。取得予定日は2013年10月10日。