【リソルホールディングス】ゴルフ事業にフォローの風 ホテル事業は立て直しが急務

alt
ゴルフ場内に建設したフェアウェイフロントヴィラ(広島県竹原市の瀬戸内ゴルフリゾート、同社ニュースリリースより)


ホテルやゴルフ場の運営を手がけるリソルホールディングス<5261>が、2年ぶりにゴルフ場をM&Aすることになった。

同社は2023年2月~3月に傘下企業を通じて、東急不動産からゴルフ場運営のTLCゴルフリゾート(東京都渋谷区)、関西カントリー(京都府亀岡市)、三木よかわカントリー(兵庫県三木市)の3社を買収する。

保有するゴルフ場を増やし、長期的に安定した収益基盤を構築するのが狙いで、当面この方針を変更する理由は見当たらないため、今後もゴルフ関連のM&Aが続くことになりそうだ。

相次ぐゴルフ場の買収

リソルホールディングスが初めてゴルフ関連の事業を始めたのは1987年にさかのぼる。リゾート事業部を新設し、ゴルフ会員権の販売を始めたのがそれで、翌年の1988年には、ミサワリゾートに社名を変更し、ホテルやゴルフ関連の事業を拡大していった。

ゴルフ場の運営に乗り出したのは、運営受託業務を始めた1994年。その後2005年には、三井不動産と資本提携し、社名をリゾートソリューションに変更。翌2006年にはコナミ(現・コナミグループ)と資本提携し、ホテルとゴルフ場の運営事業を一段と拡充した。

ゴルフ場の運営に関しては2001年に北武蔵カントリークラブを吸収合併したあと、2005年に那須ハイランドゴルフと、大熱海国際ゴルフ(2015年6月運営終了)の株式を取得。さらに2007年に、瀬戸内ゴルフリゾート、2011年に西東京ゴルフ倶楽部(現・リソル)、南栃木ゴルフ倶楽部の株式を取得。同年には唐津ゴルフ倶楽部の運営を受託した。

その後もゴルフ事業の拡充に取り組み、2012年に1件、2013年に1件、2014年に4件、2015年に2件、2018年に1件のゴルフ場の取得や運営の受託を実現した。直近は経営破綻した亀山湖カントリークラブ(現・木更津東カントリークラブ)のスポンサーとなり、2021年に運営を開始した。

今回の東急不動産から買収する3社はこれに次ぐもので、取得対象のゴルフ場は「有田東急ゴルフクラブ」(和歌山県有田川町)、「望月東急ゴルフクラブ」(長野県佐久市)、「関西カントリークラブ」(京都府亀岡市)、「三木よかわカントリークラブ」(兵庫県三木市)の4コースとなる。

コロナ禍の中、感染リスクの低いスポーツとして若い人たちを中心にゴルフへの関心が高まっており、30年近くに及ぶゴルフ事業には、今フォローの風が吹いていると言えそうだ。

リソルホールディングスの沿革と主なM&A

出来事
1931 日本エタニットパイプを設立
1949 東京証券取引所1部上場
1987 リゾート事業部を新設し、ゴルフ会員権の販売を開始
1988 プリシア与論に資本参加
1988 ミサワリゾートに社名を変更
1994 ゴルフ場の運営受託業務を開始
2001 北武蔵カントリークラブを吸収合併
2003 エム・アール・エス(現・リソル施設管理)の株式を取得
2003 住宅事業をミサワホーム群馬に営業譲渡
2005 三井不動産と資本提携し、運営受託事業などの拡大に向けた事業で協力
2005 那須ハイランドゴルフの株式を取得(2015年6月運営終了)
2005 大熱海国際ゴルフの株式を取得
2005 リゾートソリューションに社名を変更
2006 コナミ(現・コナミグループ)と資本、業務提携
2007 瀬戸内ゴルフリゾートの株式を取得
2011 西東京ゴルフ倶楽部(現・リソル)の株式を取得
2011 「日本土地改良」(現・リソル生命の森)の更生手続が早期終結
2011 唐津ゴルフ倶楽部の運営を受託
2011 福島グリーンシステムの株式を取得
2011 南栃木ゴルフ倶楽部の株式を取得
2012 岡崎ゴルフ倶楽部の株式を取得(2020年3月運営終了)
2013 備前ゴルフクラブの株式を取得(2017年12月運営終了)
2014 益子ゴルフプロパティーズの株式を取得
2014 益子カントリー倶楽部の株式を取得
2014 ホテルリソルトリニティ金沢を取得
2014 高松カントリー倶楽部の株式を取得(2018年3月運営終了)
2014 伊香保ゴルフ倶楽部岡崎城コース(現・伊香保ゴルフ倶楽部)の運営を受託
2015 兵庫カンツリー倶楽部の株式を取得(2016年10月運営終了)
2015 裾野カンツリー倶楽部の株式を取得
2016 リソルホールディングスに社名を変更
2018 中京テレビ放送と中京ゴルフ倶楽部石野コースの共同経営を開始
2021 木更津東カントリークラブ(旧亀山湖カントリークラブ)の運営を開始
2022 東急不動産傘下のゴルフ場運営会社3社を子会社化

そのゴルフ事業の業績は順調だ。

NEXT STORY

「亀山湖カントリークラブ」運営会社が特別清算 新会社が承継へ

「亀山湖カントリークラブ」運営会社が特別清算 新会社が承継へ

2021/01/31

亀山湖カントリークラブ(君津市)を運営する東京ベイサイドリゾートが1月21日、千葉地裁に特別清算を申請した。スポンサーにリソルホールディングスを選定。ゴルフ場は新設会社が承継する。