ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【永谷園HD】M&Aで世界に挑む「味ひとすじ」の老舗

alt

年表

永谷園ホールディングスの沿革
 
1952 5月 「江戸風味 お茶づけ海苔」(現「永谷園のお茶づけ海苔」)を発売
1953 4月 永谷園本舗設立
1976 12月 東京証券取引所第2部に上場
1983 10月 東京証券取引所第1部に上場
1992 10月 永谷園に社名変更
2005 11月 中国・上海市に上海永谷園食品貿易有限公司を設立
2008 9月 藤原製麺の株式51%を取得し連結子会社化、同社と子会社「ふじの華」(2015年3月、藤原製麺が吸収合併)が永谷園グループ傘下に入る
2013 4月 創立60周年
2013 11月 麦の穂ホールディングスの全株式を取得
2014 7月 NAGATANIEN USA,INC.がNIKKO ENTERPRISE CORPORATIONの持分を取得
2015 10月 持株会社体制に移行、永谷園ホールディングスを設立
2016 2月 米国でアジアンフーズ(麺商品)製造・販売するJSL FOODS,INC.の親会社米MAIN ON FOODS, CORP.に出資し、持分法適用関連会社に
2016 7月 半生タイプの袋入り麺やスープなどの生産・販売を手がける合弁会社「永谷園食品(江蘇)」を設立すると発表
2016 12月 フリーズドライ食品メーカーを傘下に収める英ブルームコ社を買収
2017 1月 欧州事業に集中するため、「永谷園食品(江蘇)」の設立を中止
2017 10月 米MAIN ON FOODS, CORP.の出資比率を50.00%から50.000061%へ引き上げ

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

2016/12/07

先日、永谷園ホールディングスがフリーズドライ食品会社を傘下に持つ英・ブルームコを約150億円で買収すると報じられた。官民ファンドの産業革新機構と共同とはいえ、永谷園にとってはシュークリーム専門店「ビアードパパ」で知られる麦の穂ホールディングス買収以来の大型買収だ。永谷園が描いた海外展開の青写真とは?