ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【永谷園HD】M&Aで世界に挑む「味ひとすじ」の老舗

alt

研究開発型企業だった永谷園

 現在の永谷園を設立したのは、永谷家10代目の永谷嘉男だった。嘉男は太平洋戦争からの復員後、戦災で焼失した実家の茶製造業を再建するため「江戸風味お茶づけ海苔」を開発する。実は父の9代目永谷武蔵が、細かく切った海苔に抹茶や食塩を加えた粉末状の「海苔茶」を開発していた。海苔茶はお湯に溶かして飲む飲料の一種だったが、嘉男が京都で食べられている「ぶぶ漬け」を参考に小粒あられやかきもちを入れたお茶漬けの元として1952年のに商品化する。

 発売当初は価格が高かったために苦戦したが、地道なセールス活動でヒット商品に育つ。ちなみに永谷園がテレビなどでのコマーシャルに熱心だったのは、お茶づけ海苔の安価な模造品に悩まされたため。広告宣伝で「お茶づけは永谷園」のブランドイメージを確立し、模造品との差別化を図った。永谷園は1970年に「さけ茶づけ」、1972年に「梅干茶づけ」などの新製品を発売し、お茶づけ海苔のバリエーションを増やす。

 1974年にはフリーズドライ(冷凍乾燥)製法の味噌汁の元「あさげ」を発売した。当時すでにインスタント味噌汁は他社が商品化していたが、味噌を熱風乾燥で加工するため乾燥臭が残るなど味が落ちていた。嘉男は冷凍乾燥に注目し、本来の風味を再現したインスタント味噌汁「あさげ」の開発にこぎつける。しかし、フリーズドライにも弱点があった。一般の乾燥食品技術に比べると大がかりで高価な設備が必要で、電気などのエネルギーコストも高い。結局、「あさげ」は1袋40円(4袋入160円)と、当時の一般的な即席みそ汁(1袋10円程度)の4倍という高値で販売せざるを得なかった。

 誰もが売れ行きを心配したが、発売初年度には14億円、2年目には36億円を売り上げる大ヒット商品となる。インスタント味噌汁でも米みその「あさげ」に加えて、1975年に白みその「ゆうげ」、1976年に豆みそ(赤だし)の「ひるげ」を相次いで発売して品ぞろえを増やし、永谷園の成長に寄与した。嘉男は研究開発型経営で、永谷園を上場企業に育て上げた。永谷園HDの実質的な創業者であった嘉男は2005年に亡くなる。

あさげ
大ヒットとなったフリーズドライ味噌汁「あさげ」(同社ホームページより)

NEXT STORY

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

永谷園のお茶づけ、海を越えて世界へ

2016/12/07

先日、永谷園ホールディングスがフリーズドライ食品会社を傘下に持つ英・ブルームコを約150億円で買収すると報じられた。官民ファンドの産業革新機構と共同とはいえ、永谷園にとってはシュークリーム専門店「ビアードパパ」で知られる麦の穂ホールディングス買収以来の大型買収だ。永谷園が描いた海外展開の青写真とは?