トップ > 調べる・学ぶ > 連載 > 地方承継の時代 >【依佐美送信所】官民・米軍間を揺れ動いた世界最大級の無線送信所|産業遺産のM&A

【依佐美送信所】官民・米軍間を揺れ動いた世界最大級の無線送信所|産業遺産のM&A

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
紅白、高さ25mの記念鉄塔が玄関前に建つ依佐美送信所記念館

日米に翻弄された!? 依佐美送信所の歴史

日本の国際通信事業が整備発展していくなかで、依佐美送信所はどのような歴史をたどったのか。

1925年、逓信省は依佐美村に送信所を、三重県海蔵村(現四日市市)に受信所の建設をそれぞれ決定した。依佐美送信所は第二次大戦前の1929年に完成し、欧州向けに運用を開始した。

4月にはポーランドのワルシャワに向けて双方での送信業務をスタート。発信した電文は名古屋無線電信局から陸上の連絡線を通って依佐美送信所へ、さらに同送信所から欧州へ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY