マツダの新型ロータリー車「RX-9」は本当に登場するのか?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

純ロータリー車は「超高額モデル」に

高級車路線を採用した最終型の「RX-7」。次期スポーツモデルは踏襲するのか?(同社ホームページより)

つまり「マツダが新型スポーツカーを発売する。そうなれば純ロータリーエンジン(RE)車だろう」との期待に基づく「推測」と言える。その「実現可能性」はどうか?素直に考えれば実現可能性は低い。「RX-8」が生産中止になった理由は、REが燃費などの環境規制に対応できなかったため。

スポーツカー離れもあり、環境規制に対応するコストはかけられないと判断したのだ。この状況は現在も変わらない。マツダが申請した特許をベースにした新型スポーツカーを発売するにせよ、RE車である必要はない。

同社には世界最高レベルの好燃費を実現したレシプロ(ピストンの往復運動を回転運動に変換する自動車では一般的なエンジン方式)のスカイアクティブエンジンがある。昨年申請したのは、同エンジンを搭載したスポーツカー用の特許である可能性が高い。

唯一、実現の可能性があるとすれば、少量生産でも採算がとれる高額モデルとしての復活だ。2月7日からオンライン予約が始まる日産自動車<7201>の新型「フェアレディZ」の最上級車が696万6300円(消費税込み)と、現行モデル(約397万〜約530万円)よりも大幅に値上げされることが話題になっている。

スポーツカー人気は、いまだ復活の兆しはない。購入するユーザーがいるとすれば、価格に関係なく購入してくれる「マニア」だけだろう。純RE車が投入されるとすれば、赤字回避のために新型「フェアレディZ」と同程度の価格となるのは避けられない。仮に純RE車の復活が実現したとしても、「RX-9」は一般ユーザーの手が届きにくいクルマになりそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

COP26で右往左往の国産車メーカーがどこか「ズレてる」理由

COP26で右往左往の国産車メーカーがどこか「ズレてる」理由

2021-11-15

COP26での議論に日本車メーカーが右往左往している。エンジン車で窒素酸化物(NOx)排出削減や燃費改善などの環境対策で世界をリードし、シェアを拡大してきた日本車メーカーだが、二酸化炭素(CO₂)など温暖化ガス削減では存在感を示せていない。