東急ハンズを子会社化する「カインズ」が、打ち出す次の手は

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
カインズの店舗(カインズ提供)

DIY用品などを手がける東急ハンズ(東京都新宿区)を2022年3月に子会社化する、ホームセンター最大手のカインズ(埼玉県本庄市)が、連携の動きを活発化させている。

同社は2022年1月12日に、AI(人工知能)で中古車の査定を行うサービスなどを手がけるファーストグループ(東京都渋谷区)と、資本業務提携したと発表した。

すでに契約は2021年11月に締結しており、今後さまざまな移動手段をシームレスにつなぐMaaS(マース:モビリティ・アズ・ア・サービス)によるスマートモビリティ事業などを具体化していくという...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

東芝分割案に反対のアクティビスト、臨時株主総会を請求

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/1/10
2022.01.10

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5