「から揚げの天才」FC11店舗が契約解除、活路が見えないワタミの苦悩

alt
「から揚げの天才」鹿島田店(川崎市)

ワタミ<7522>の外食事業が、新常態での生き残りにかけた店舗展開に苦戦しています。アークコア<3384>は2020年9月にワタミと「から揚げの天才」のフランチャイズ契約を結んだものの、2年も経たないうちに契約を解除。運営していた11店舗を撤退し、2022年7月末で飲食事業を廃止することを決定しました。

ワタミは新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして、居酒屋店以外の業態を広げてきました。しかし、その成果が出ていません。

この記事では、以下の情報が得られます。

・アークコアが「から揚げの天才」を全店閉店した理由
・ワタミ外食事業の業績

380万円で出店できる低投資型の「から揚げの天才」を開発

アークコアは中古バイクの買取専門店「バイクランド」を運営するほか、「エニタイムフィットネス」や「ステップゴルフ」のフランチャイズ加盟店として店舗を出店しています。バイク事業が好調な一方、FC展開するフィットネスが新型コロナウイルス感染拡大の影響で休業を余儀なくされるなど、別事業で苦戦していました。

更なる成長と収益基盤の安定化を図るため、需要が旺盛だったから揚げのテイクアウト事業へと進出。2021年2月期に「から揚げの天才」を4店舗、2022年2月期に7店舗をオープン。合計11店舗を運営していました。

しかし、外食事業は2021年2月期に4,100万円、2022年2月期に1億4,900万円のセグメント損失を計上しています。

アークコア2022年2月期の売上高は38億4,500万円で前期比39.7%の大幅増となったものの、利益を出したのはバイク事業のみ。特に損失額が大きかったのが外食事業です。

■アークコア業績推移

決算短信より筆者作成(営業利益率の目盛りは右軸)

しかも、外食事業は計画していた収益性が見込めなかったことから、1億7,900万円の減損損失を計上しています。新型コロナウイルス感染拡大に関わる助成金収入を8,400万円得ていましたが、損失を埋めることができませんでした。

「から揚げの天才」はテリー伊藤さんをメインキャラクターにするから揚げ専門店で、2018年11月東京都大田区に1号店が誕生。ワタミによると、飲食企業最速の2年7カ月で100店舗を達成しました。素早く拡大できた背景として、コロナ禍でも出店しやすいフランチャイズモデルを構築したことを挙げています。

2020年9月にFC向け低投資型の999万円出店モデルを開発しました。更に2021年7月に380万円で出店できるタイプを世に送り出しています。中小企業や個人事業主、定年退職した人でも店舗を持てることを前面に押し出しました。

※380万円出店モデル(「「から揚げの天才」日本最速記録で100店舗達成~居酒屋経営者フランチャイズに続々参入~」より)

コロナ前のワタミは直営店にこだわっていましたが、「から揚げの天才」でフランチャイズ型のビジネスモデル構築を模索していました。

また、2021年5月に日本政策投資銀行から120億円を調達。直営店の居酒屋店を焼肉店「焼肉の和民」に転換する方針を打ち出しました。

しかし、ワタミの外食事業は全くと言っていいほど回復していません。

NEXT STORY

焼肉店は不発か? 転換進めたワタミの外食事業上期売上が28%の減少

焼肉店は不発か? 転換進めたワタミの外食事業上期売上が28%の減少

2021/11/19

ワタミの2022年3月期第2四半期の国内外食事業が前期比27.8%減の54億1,500万円となりました。ワタミは居酒屋から焼肉店への転換を進めており、日本政策投資銀行から120億円を調達しています。売上高は回復しておらず、転換後も集客に苦戦している様子です。