コロナ禍で無くなる外食、中食、内食の垣根「SARAH」が企業買収で事業領域を拡大

alt
写真はイメージです

飲食店のグルメコミュニティーアプリ「SARAH」を運営するSARAH(東京都千代田区)は、飲食店(外食)に加え、持ち帰りや配達(中食)、家庭で作る料理(内食)にまで事業領域を拡大する。

食品の口コミサイト「もぐなび」などを運営するEat Smart(東京都港区)を子会社化することで領域拡大を実現するもので、同社のグループ入りで、SARAHのもう一つの柱である外食のデータ分析サービス「FoodDataBank」のデータ保有量は2倍以上に拡大する。

コロナ禍の中、持ち帰りや配達需要の増加などに伴い、外食、中食、内食の垣根がなくなりつつあることを踏まえ、企業買収に踏み切った。

SARAHの主要株主には講談社、ハウス食品、三井物産、セブン-イレブン・ジャパンといった大企業が名を連ねており、ハウス食品とはレトルトカレーのコラボ商品を販売している。事業領域が広がることで、コロナ後を見据えた新たなコラボが進みそうだ。

Eat Smartの全株式を取得

Eat Smartは「もぐなび」のほかにも、食事の栄養管理機能付きの健康管理日記サイト「イートスマート」や、服部栄養専門学校が監修した簡単で美味しくヘルシーなダイエットメニュー情報が得られるスマホサイト「服部先生の1週間ダイエットレシピ」、全国の料理教室が検索できるサイト「クスパ」などを運営している。

個人向けに家庭料理やコンビニ、外食メニューのカロリーと栄養成分が分かるデータベースや、日記形式で体重、体脂肪の記録、食事、運動記録などが行えるシステムなどを、法人向けには食品、飲料メーカーを対象に、商品プロモーションやマーケティング支援サービスを提供している。

SARAHは2022年4月30日に、Eat Smartの全株式を取得し子会社化したことで、これまで飲食店中心だった事業が、家庭料理や総菜などにも広がることになる。

幅広いニーズへの対応が可能に

SARAHは2014年設立のベンチャーで、大手企業などから7億円を超える資金を調達して事業を展開している。同社が運用する「SARAH」では、人気のメニューランキングや、各ジャンルを極めたグルメマスター、レストランのおいしい一皿を表彰するメニューアワードなどがある。

また「SARAH」内の膨大なグルメレビューの評価などを活用した外食データ分析サービス「FoodDataBank」では、飲食店向けに食品の企画やマーケティングの支援を行っている。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、持ち帰りや配達などの需要が拡大しているところに、冷凍食品の進化なども加わり、今後、今回のケースのような外食、中食、内食すべてに対応できるようなサービスが増加しそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

緊急事態宣言で「出前館」などのデリバリー業界に活発な動き

2020/04/08

緊急事態宣言が出されたことを受け、料理の宅配を巡る動きが活発化してきた。外出の自粛が一段と強く要請されるのに伴い、宅配需要が増大するとみられるためで、飲食店の生き残り策の一つとして宅配ビジネスに注目が集まりそうだ。