餃子の王将が業績好調、なぜ競合の日高屋は遅れをとったのか

alt
画像はイメージ(Photo by フリー素材.com)

王将フードサービス<9936>の業績が好調です。2022年3月期第2四半期の売上高は前期比3.4%増の404億6,300万円、営業利益は同33.5%増の31億9,200万円となりました。通期の売上高を前期比4.0%増の838億5,400万円、営業利益を同15.1%増の69億8,900万円と予想しています。冴えないのが競合のハイデイ日高屋<7611>。2022年2月期第2四半期の売上高は前年同期比19.2%減の113億9,600万円、26億200万円の営業損失(前年同期は20億700万円の営業損失)を計上しました。通期は28億円の営業損失を予想しており、赤字から抜け出すことができません。

王将はコロナ禍に合わせてテイクアウト・デリバリーを強化しました。更に需要の変化を敏感に読み取り、ニーズに合わせた商品を提供しています。店内飲食以外のサービスが両社の明暗を分けました。

この記事では以下の情報が得られます。

・王将と日高屋の業績比較
・王将のテイクアウト・デリバリーの売上比率と商品展開の内容

コロナ後の売上高の減少を8%に抑え込んだ王将

王将と日高屋の半期ごとの売上高、営業利益を比較してみます。新型コロナウイルス感染拡大前の王将の2020年3月期第2四半期の売上高は425億6,800万円でした。コロナ禍の2021年3月期第2四半期の売上高は391億4,200万円。わずか8.0%しか減少していません。一方、日高屋の2020年2月期第2四半期の売上高は211億200万円でしたが、2021年2月期第2四半期は33.1%もの減少となる141億900万円となりました。

■王将、日高屋半期ごとの売上高・営業利益の比較(単位:百万円)

王将、日高屋の業績比較
決算短信をもとに筆者作成

■王将半期ごとの業績推移(単位:百万円)

2020年3月期
第2四半期
2021年3月期
第2四半期
2022年3月期
第2四半期
売上高 42,568 39,142 40,463
前期比 104.2% 92.0% 103.4%
営業利益 4,020 2,391 3,192
前期比 105.6% 59.5% 133.5%

決算短信をもとに筆者作成

■日高屋半期ごとの業績推移(単位:百万円)

2020年2月期
第2四半期
2021年2月期
第2四半期
2022年2月期
第2四半期
売上高 21,102 14,109 11,396
前期比 100.0% 66.9% 80.8%
営業利益 2,280 -2,070 -2,602
前期比 89.0% - -

決算短信をもとに筆者作成

王将は2022年3月期第2四半期の売上高が404億6,300万円となり、コロナ前の2020年3月期第2四半期との差はわずか4.9%となりました。日高屋は2022年2月期第2四半期の売上高が113億9,600万円でコロナ前と比べて46.0%もの開きがあります。この売上差が損益にも影響を与えており、日高屋は2022年2月期第2四半期に赤字幅を広げました。

売上高にこれだけ差が生じた主要因はテイクアウト・デリバリーだと考えられます。2020年3月期の時点で、王将直営店の売上高に占めるテイクアウト・デリバリー比率は19.1%でしたが、2021年3月期には33.4%まで増加しています。

■王将の直営店売上テイクアウト・デリバリー比率(単位:百万円)

王将テイクアウト・デリバリー比率
有価証券報告書より筆者作成
2020年3月期 構成比率 2021年3月期 構成比率
店内飲食 63,630 80.9% 48,971 66.6%
テイクアウト・デリバリー 14,995 19.1% 24,608 33.4%
売上全体 78,625 100.0% 73,579 100.0%

王将は店内飲食だけを見ると、2021年3月期に売上高を前期比23.1%落としました。落ち込んだ分をテイクアウト・デリバリーが補っています。テイクアウト・デリバリー比率は2022年3月期第2四半期に39.3%まで上がりました。

日高屋のテイクアウト比率は2021年8月に入ってようやく売上高の1割を超えるようになりました。

■日高屋テイクアウトの売上高と全体に占める割合の推移

テイクアウト比率
※2022年2月期第2四半期決算説明会より

NEXT STORY

「王将フードサービス」「カッパ・クリエイト」「木曽路」も業績悪化 赤字転落も

「王将フードサービス」「カッパ・クリエイト」「木曽路」も業績悪化 赤字転落も

2020/11/08

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2021年3月期の業績予想を未定としていた、王将フードサービス、カッパ・クリエイト、木曽路の3社がそろって、厳しい内容の予想数値を公表した。