不適切会計に揺れた梅の花、2022年4月期は黒字浮上なるか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日本食レストランを運営する梅の花<7604>が2022年4月期第2四半期に4億3,500万円の純利益(前年同期は12億2,200万円の純損失)を出しました。営業時間の短縮要請などに伴う助成金で23億2,100万円の収入を得たことが大きく影響しました。梅の花は過去に行った店舗の減損損失を回避する不適切会計で、2022年1月に金融庁から300万円の課徴金納付命令を受けました。2019年4月期の決算で課徴金見込み額9,500万円を計上しており、300万円を差し引いた9,200万円の特別利益が2022年4月期第2四半期にありました。この戻し益も黒字化に貢献しています。

梅の花は2019年4月期の決算において、不正のあった不採算店の減損処理を適切に行ったところ、1億8,400万円の純損失から9億8,100万円の大幅な赤字へと転落していました。それ以来、通期の黒字化は実現していません。度重なる損失で2021年10月末時点の自己資本比率は11.1%まで低下しており、正念場を迎えています。

この記事では以下の情報が得られます。

・梅の花の業績推移
・不適切会計の詳細

赤字体質だった「さくら水産」を買収

梅の花が大赤字を出す原因になった要因は大きく2つあります。1つは不正に減損回避をしていた虚偽報告を適正なものにしたこと。もう1つは居酒屋さくら水産を運営するテラケン(東京都江東区)を2019年3月に連結子会社化したことです。

テラケンが宴会需要の消失で大打撃を受けたことは間違いありませんが、もともと業績が良い会社とは言えませんでした。買収前の2018年2月期の売上高は前期比22.2%減の18億3,800万円で、5億1,400万円の純損失(前年同期は2,200万円の純利益)を計上していました。テラケンは2016年2月期にも5億9,400万円の純損失を出しています。

そして買収から1年後、新型コロナウイルス感染拡大という予期せぬ出来事に見舞われることになります。2020年4月期は43億9,100万円、2021年4月期は19億2,100万円と2期連続で損失を計上することとなりました。

※梅の花は2019年に決算期を9月から4月に変更しています。2019年4月期は2018年10月から2019年4月までの数字です。

■梅の花業績推移(単位:百万円)

2016年9月期 2017年9月期 2018年9月期 2019年4月期 2020年4月期 2021年4月期
売上高 29,393 31,394 32,647 19,499 30,462 21,603
純利益 -75 -500 44 -981 -4,391 -1,921

有価証券報告書より筆者作成

※純利益の目盛は右軸

梅の花はさくら水産の大規模な退店を進めています。2021年4月期は38店舗のうち11店舗を閉店。2022年4月期第2四半期は5店舗を退店しました。2021年10月末時点での合計店舗数は22店舗です。レストラン梅の花は2021年4月期に4店舗退店して72店舗となりましたが、そこから2021年10月末まで閉店はしていません。

集客しづらくなったさくら水産は、従来の居酒屋を「天ぷらと寿司sakura」へと別業態に転換する計画を立てています。

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

3大ニュースで読み解く2019年外食M&A総まとめ

2019-12-27

2019年の外食M&Aの潮流を3つのニュースを軸に解説します。1つ目は梅の花のさくら水産買収。2つ目がポラリスが買収したBAKEの赤字。3つ目はオイシックスの投資ファンドに出資を決めたモスフードです。2019年も様々な動きがありました。