「ブルックスブラザーズ」国内10店舗閉店、米本社破綻の影響はなし

alt
東京・二子玉川

「ブルックスブラザーズ」国内10店舗、8月末までに閉店へ

公開日付:2020.07.15

ウィメンズショップを中心に10店舗

 (株)ブルックスブラザーズジャパン(TSR企業コード:291730507、品川区)は、国内の一部店舗を8月30日までに閉店する。
 閉店するのは国内の9店、1コーナーの合計10店舗で、7月中に5店舗を閉店する。7月26日に沖縄アウトレット店を閉店し、以降、7月28日に博多阪急ウィメンズ店(6階メンズ取り扱い店は継続)、7月31日に東京大丸ウィメンズ店(8階メンズ取り扱い店は継続)、札幌丸井今井ウィメンズ店(営業終了後は一条館3階でウィメンズ商品を取り扱い)、新宿伊勢丹シューズコーナー(営業終了後はメンズ館7階で商品を取り扱い)の合計5店舗を閉鎖する。
 8月は、2日に羽田空港第一ターミナル店、柏高島屋ステーションモール店、流山おおたかの森店、金沢アトリオ店の4店、30日に青山店の計5店舗を閉店する計画だ。

9月4日には表参道に新店舗も

 一方、9月4日に新店舗「ブルックスブラザーズ 表参道」をオープンする。 米国ブルックスブラザーズを運営していたブルックスブラザーズグループインク(ブルックスGI、アメリカ)が7月8日に、日本の民事再生法に当たる連邦破産法第11条(チャプター11)を申請。
 日本国内の店舗を展開するブルックスブラザーズジャパンは7月9日、ブルックスGIの法的申請について「直接的な影響を受けることはない。通常どおり営業を続け、当面の間は従来通りのラインナップで提供が可能」とコメントしていた。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

コロナ禍で「良品計画」の米国子会社が破綻 海外事業で苦戦する日本企業

2020/07/14

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、日本企業の海外子会社が経営破綻するケースや、海外子会社や事業の売却を余儀なくされるケースなどが次第に目立ち始めてきた。