2期連続最終赤字のペッパーフードサービスが「ペッパーランチ」売却で行き着く先は

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
東京・秋葉原の店舗

2期連続で最終赤字に陥っているペッパーフードサービス<3053>が、ついに事業売却に踏み切った。同社は2009年にモスフードサービスからハンバーグやステーキを提供するステファングリル事業を譲り受けたほかには、M&Aに馴染みがなかった。

経営再建のため事業売却という新たな一手を打ったわけだが、新型コロナウイルスの影響で2020年12月期の業績予想を未定に修正したほか、当初5月に予定していた同第1四半期決算の発表を7月末に延期するなど混乱が続いている...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5