アップル「iPhone12」の小型モデル、正体は「SE3」か

alt

米アップルが2020年秋に投入する「iPhone12」に、小型モデルが存在するとの観測が高まっている。ディスプレーサイズが6.7インチモデル、2機種の6.1インチモデルに加えて、5.4インチモデルが投入されるというのだ。

小型スマホ人気が高まりつつある

5.4インチモデルは本体前面のほぼ全てがディスプレーとなる「枠なし」のため、本体は4インチだった初代「iPhone SE」と同サイズとみられている。大画面化を進めてきたiPhoneでは初めてのダウンサイジングとなる。

2016年3月に発売された初代「iPhone SE」は大きくなりすぎたiPhoneを持てあます女性ユーザーを中心に人気を集め、2018年9月の公式発売終了後も同サイズでのモデルチェンジを求める声が多かった。そして2020年4月に、満を持して2代目の「iPhone SE」が発売される。

CPUに現行の「iPhone11」と同じ「A13 Bionic」チップを採用しながら、価格は税別4万4800円からと「11」(同7万4800円から)や「11 Pro」(同10万6800円)よりもはるかに安いなど、初代「SE」と機能面のコンセプトは同じだった。

しかし、最も期待されたサイズは旧モデルの「iPhone8」をベースとしたため、4.7インチに大型化した。そこに「12」の小型モデルが投入されるとの見通しが報道され、「小さなiPhone」を求めるユーザーの期待が高まっている。

実際、スマートフォンはディスプレーの大型化競争が一段落し、逆に小型スマホのニーズが出てきた。国内第4の携帯キャリアとして新規参入した楽天モバイルの一番人気は、3.6インチのAndroid(アンドロイド)OSスマホ「Rakuten Mini」だ。アンドロイド搭載機では2.45インチのUnihertz 「Jelly Pro」や「Atom」など、さらに小さなミニスマホも存在する。

わずか2.45インチのミニスマホ「ATOM」(Unihertz ホームページより)

かつて携帯電話時代に国産メーカーが折りたたみ方式の採用などで大画面化競争を繰り広げる中、2004年にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)が、わずか69gの世界最小端末「premini」を投入してヒット商品になったのと同じ流れだ。

NEXT STORY

アップル「有機EL全面シフト」でJDIの再建がますます厳しく

アップル「有機EL全面シフト」でJDIの再建がますます厳しく

2020/07/09

アップルが2020年秋以降に発売する「iPhone12」から有機ELディスプレーへ全面移行するのが確実となった。とりわけジャパンディスプレイ(JDI)は最大口顧客であるアップル向けの供給が消滅することで苦境に陥りそうだ。どう生き残るのか。