民事再生法の記事一覧

「ブルックスブラザーズ」ブランドは継続へ、ダイドーリミテッドが子会社化

「ブルックスブラザーズ」ブランドは継続へ、ダイドーリミテッドが子会社化

連邦破産法第11条(チャプター11)を申請した米国老舗ブランドのブルックスブラザーズグループインクの日本法人をダイドーリミテッドが子会社化する。子会社化後も営業を継続する予定。

記事を読む
「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

「医療崩壊どころではない」コロナ下で病院の大量破綻が始まる?

わが国初となる新型コロナウイルス感染症による病院倒産が発生した。岸本整形外科(岡山県真庭市)がそれ。病院の経営状況は厳しく、コロナ禍が追い打ちをかける。これから病院の破綻は多発するだろう。地域医療を担う病院を破綻から救う道はM&Aしかない。

記事を読む
「ブルックスブラザーズ」国内10店舗閉店、米本社破綻の影響はなし

「ブルックスブラザーズ」国内10店舗閉店、米本社破綻の影響はなし

ブルックスブラザーズジャパンは、国内の一部店舗を8月30日までに閉店する。一方、9月4日に新店舗「ブルックスブラザーズ 表参道」をオープンする。「(米本社の)直接的な影響を受けることはない」とコメントしている

記事を読む
新型コロナ関連破たんで最大 WBFホテル&リゾーツが民事再生

新型コロナ関連破たんで最大 WBFホテル&リゾーツが民事再生

WBFホテル&リゾーツは4月27日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。​負債総額は債権者575名に対して約160億円。​新型コロナウイルス関連破たんでは最大の大型倒産となった。

記事を読む
経営破綻のゴルフ場を傘下に 「PGM」が事業拡大

経営破綻のゴルフ場を傘下に 「PGM」が事業拡大

平和がゴルフ事業を順調に拡大している。同社の子会社でゴルフ事業を運営するパシフィックゴルフマネージメント(PGM)が、今期(2020年3月期)4件目となるゴルフ場を傘下に収めることになった。

記事を読む
「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

2019年11月13日、大手通販会社のパンフレットやカタログなどの印刷を手がけていた千明社(東京都千代田区)が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請。30億円の負債を抱えて事実上倒産した。が、同社はデジタル化に背を向けていたわけではない。​

記事を読む
アパレル「J.FERRY」が民事再生法を申請 粉飾決算も

アパレル「J.FERRY」が民事再生法を申請 粉飾決算も

「J.FERRY」を運営するリファクトリィは5月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は約55億円。長年にわたる粉飾決算が明らかとなった。

記事を読む
「HOOTERS(フーターズ)」が倒産、客数は想定の半分?

「HOOTERS(フーターズ)」が倒産、客数は想定の半分?

全国で7店舗展開していた「フーターズ」運営のエッチジェーが民事再生法の適用を申請しました。負債総額は5億6000万円。全盛期は全国で7店舗を展開し、売上坂は17億700万円を計上していました。近年は集客力が低下し、赤字に転落していました。

記事を読む
2分でわかる!ラスクの「シベール」倒産と支援企業の全貌

2分でわかる!ラスクの「シベール」倒産と支援企業の全貌

ラスクが主力の洋菓子メーカー「シベール」が1月17日に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は19億6500万円。ジャスダック上場企業があっさりと倒産したことに、投資家からは驚きの声も聞こえましたが、財務状況は厳しい状態が続いていました。

記事を読む
事業承継M&Aが仇に 大阪・老舗の土木建築資材販売会社が民事再生

事業承継M&Aが仇に 大阪・老舗の土木建築資材販売会社が民事再生

和泉石灰建材は12月28日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は9億4379万円。平成30年8月6日に後継者不在などを理由にM&Aを通じてイズミプロセスの傘下に入っていた。

記事を読む
総合建設会社のエム・テック 負債総額は253億4900万円

総合建設会社のエム・テック 負債総額は253億4900万円

総合建設会社のエム・テックが民事再生法の適用を申請した。負債総額は253億4900万円。一部の公共工事で手続きの不備や施工上の問題が発生し、東京地検から港則法違反で起訴されたことで200以上の自治体から指名停止処分を受けていた。

記事を読む
和議法と民事再生法の違いとは?

和議法と民事再生法の違いとは?

民事再生法は、かつて存在していた「和議法」という法律が改善されたものです。今回は、和議法と民事再生法の内容と、和議法から民事再生法になったことによる改善点についてお伝えします。

記事を読む
「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

「破産(倒産)」と「民事再生」はどう違う?

景気の持ち直しで減少傾向にある企業倒産。しかし、どの企業にもいつかその日は訪れる。一口に倒産といっても破産、民事再生、会社更生、特別清算など形態はさまざま。完全な「墓場送り」もあれば、不死鳥のようによみがえる「死と再生」もある。その違いは?

記事を読む
2,000億円のビットコインが眠るMTGOXの行方

2,000億円のビットコインが眠るMTGOXの行方

4年前の破産開始決定時は債務超過だったマウントゴックス(MTGOX)。ビットコインの値上がりで「大幅な資産超過」での「倒産処理」という異例の展開になっている。

記事を読む
破産手続き中の「Mt.Gox(マウントゴックス)」債権者が民事再生法適用を申し立て

破産手続き中の「Mt.Gox(マウントゴックス)」債権者が民事再生法適用を申し立て

ビットコインの高騰を受けて、破産手続中のMTGOX(マウントゴックス)に対し、債権者が民事再生法適用を申し立てた。破産手続きでは現金での配当しか認められていないが、民事再生手続きではビットコイン債権者に対してビットコインで配当することを再生計画に定めることも可能とされる。

記事を読む
インテリアフラワー販売のラポール、民事再生法適用を申請。再建への道は?

インテリアフラワー販売のラポール、民事再生法適用を申請。再建への道は?

10月20日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したラポール。23日の債権者説明会では、再生手続きに賛成する意思を示した債権者はいなかった。再建の目途はつくのか、会社関係者に取材した。

記事を読む
タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

製造業としては戦後最大の倒産となった、エアバッグ製造大手のタカタ。民事再生法の適用を申請してから、3カ月が経過し、いまのところ連鎖倒産は「ゼロ」が続いているが、キー・セイフティー・システムズが主導する再建策によっては下請け業者の業績に影響を与えかねない。

記事を読む
預託金の返還に見通しが立たず、塩原カントリークラブが民事再生法を申請

預託金の返還に見通しが立たず、塩原カントリークラブが民事再生法を申請

預託金の返還に見通しが立たず、地元屈指の名門ゴルフ場である塩原カントリークラブが民事再生法を申請 した。負債総額は債権者約1900名に対して12億887万円。

記事を読む
【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

エアバッグのリコール問題で破綻の危機のあるタカタ。6月26日には東京地裁に民事再生法の適用を申請した。タカタの債権者のトップにアメリカ合衆国の名前が上がったことが話題になっている。

記事を読む
【タカタ破綻】自動車メーカー各社のリコール引当額、トヨタグループ5,700億円、ホンダ5,560億円に

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のリコール引当額、トヨタグループ5,700億円、ホンダ5,560億円に

タカタが民事再生法の適用を申請した。同社製エアバッグのリコール費用を国内自動車メーカーが負担しているが、その回収が困難になってきた。公表10社の自動車メーカーの引当額は、合計1兆3,309億円にのぼる。

記事を読む
民事再生法申請か。タカタグループの国内仕入先アンケート調査

民事再生法申請か。タカタグループの国内仕入先アンケート調査

巨額のリコール問題に揺れるタカタ。東京商工リサーチのアンケート調査によると、同社のグループ企業と取引する企業の約9割が、今後も取引の継続を望んでいることがわかった。

記事を読む
生存企業はわずか3割。「民事再生法」適用企業のその後

生存企業はわずか3割。「民事再生法」適用企業のその後

民事再生法の施行から16年。民事再生法を申請した9,406件のうち、進捗が確認できた法人7,341社を対象に追跡調査を行った。東京商工リサーチによると、生存企業はわずか3割(2,136社)という。

記事を読む
「靴業界動向」調査

「靴業界動向」調査

全国の百貨店に販路を築いていた婦人靴卸のシンエイ(東京都)が7月28日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。29日には婦人靴製造の新興製靴工業(東京都)も申請。さらに、8月11日には靴製造販売のバレリアンシューズ(東京都)が破産手続きの準備に入った。いずれもシンエイの連鎖だが、知名度の高かったシンエイの破綻で靴業界の苦しい状況が浮き彫りになった格好だ。そこで今回は靴業界(靴の製造、卸売、小売業)の686社の動向を調査した。

記事を読む
【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

【企業力分析】スカイマーク もう一度大空へ

LCC(格安航空会社)の先駆け的存在のスカイマークに何が起こったのだろうか。2015年1月28日に民事再生法の適用を申請したスカイマークを専門家が分析する。

記事を読む
M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

M&Aを活用した事業承継、事業再生のポイント~中小企業の新たな成長機会へ~

日本の中小企業の多くは、オーナー経営者の高齢化などに伴う事業承継の課題に直面している。こうした中、最近注目されているのがM&Aを活用した事業承継、事業再生。事業再生やM&Aに詳しい松村正哲弁護士に聞いた。

記事を読む