公開日付:2018.10.01

 投資ファンドのJ-STAR(株)(TSR企業コード:296639117、千代田区)は9月25日、カジュアルウェアショップ「WEGO」を全国で展開するウィゴーグループの事業を会社分割により譲り受けたと発表した。
 会社分割は当初、8月31日に実行する予定だった。だが8月下旬、取引先に「ウィゴーグループの取引銀行における稟議プロセスに時間を要する」旨の文書を送付。その中で、会社分割を9月25日に延期することを公表していた。
 分割スキームは以下の通り。まず、J-STARの投資関連サービスを提供するJ-STAR No.3 SS,LP等が出資する(株)WGホールディングス(TSR企業コード:028690958、以下WG社)並びにWG社の子会社が、(株)ウィゴー(TSR企業コード:571565204、以下旧ウィゴー)とウィゴー子会社の事業を会社分割で取得。
 9月25日付でWG社は(株)ウィゴー(以下新ウィゴー)に商号を変更。WG社の100%子会社で受け皿会社になる(株)WEL(TSR企業コード:028691415)が(株)ウェルメットに、(株)LEX(TSR企業コード:028617894)が(株)レキシントンに商号を変更。それぞれ旧会社と同一商号の商号となった。
 商標やブランド、店舗を含むすべての事業資産と負債、全従業員は新会社が継承する。新ウィゴーの代表取締役には園田恭輔氏(旧ウィゴー取締役WEGO事業部部長)が就任した。

3度目の株主交代でリスタート

 旧ウィゴーは、2017年8月に(株)オーチャードコーポレーション(TSR企業コード:300089520、以下オーチャード)、2017年11月に(株)アラタマコーポレーション(TSR企業コード:402456343、以下アラタマ)に短期間で2度、株主が変更し注目を集めた。
 新ウィゴーの株主となるJ-STARは2006年設立。投資ファンドを通じて事業承継や再生、MBO、成長支援などのプライベートエクイティ事業を手がけ、これまでに約30社の投資実績がある。手掛けた業種はメーカーから卸、小売まで幅広く、過去にはアパレル企業の事業再生を手がけた実績もある。