調剤薬局の全国チェーンを展開しているアインファーマシーズ(北海道)は、既存顧客との更なる関係強化、また、物販事業の活性化を図るため、資生堂(東京都)の100%子会社で全国の主要百貨店及びインターネット通販を中心として「アユーラ」ブランドの化粧品等の販売を行うアユーララボラトリーズ(東京都、売上高27億円、営業利益▲1億円)の全株式を取得、子会社化することを決議した。

アインファーマシーズは、調剤薬局国内シェア 1 位であるほか、都市型を中心としたドラッグ&コスメティックストアを展開。近時は、ビューティー領域への取り組みを強化しており、「アユーラ」ブランドを中核的な位置づけとして展開していく。

資生堂はブランドポートフォリオの再構築の一環で経営資源の投下先を絞り込んでいる。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行予定日は平成27年8月31日。