資生堂は、米国Olivo Laboratories, LLC (オリボラボラトリーズ、マサチューセッツ州ケンブリッジ)が保有する人工皮膚形成技術「セカンドスキン」事業を取得したと発表した。11日付。買収金額は非公表。

オリボラボラトリーズは2015年、米マサチューセッツ工科大の皮膚科学の世界的権威であるロバート・ランガー博士らによって設立。同社の特許技術「セカンドスキン」はポリマーベースのクリーム上に専用乳液を重ねて塗ることで肌と一体化し、凹凸を補正する人工皮膚を肌に形成する。従来の化粧品や美容整形で不可能だったシワやたるみを瞬時に隠せるという。

今回の事業取得に伴い、「セカンドスキン」の研究開発チームは資生堂の米国地域本社(デラウェア州)に移籍する。