資生堂は、米子会社でサロン向けヘアケア事業を展開するZotos International Inc.(ゾートスインターナショナル。コネチカット州。売上高約265億円、営業利益約17億9000万円)の全株式を譲渡すると発表した。譲渡先はドイツの接着技術・ビューティーケア事業のHenkel AG & Co. KGaA (デュッセルドルフ)で、資生堂が所有するゾートスインターナショナル関連の資産も併せて譲渡する。

ゾートスインターナショナルは米国を中心に70か国で事業を展開しており、売り上げの大半を北米での事業で得ている。資生堂は1988年に同社を買収したが、中長期戦略のもとでブランドポートフォリオの選択と集中を進めており今後はアジアへの投資強化を進める。

譲渡価額は約551億円。譲渡予定は2017年12月。