化粧品の記事一覧

資生堂、「ベアミネラル」など3ブランドをファンドに譲渡

資生堂、「ベアミネラル」など3ブランドをファンドに譲渡

8月26日、資生堂は「ベアミネラル」や「ローラメルシエ」などメイクアップブランド3ブランドをプライベートエクイティファンドのAdventに譲渡すると発表した。譲渡価格は7億ドル(約770億円)。

記事を読む
ロレアル パリ、エッシー撤退の裏でコスメ業界の地殻変動が…

ロレアル パリ、エッシー撤退の裏でコスメ業界の地殻変動が…

日本の化粧品業界に「新旧交代」の波が押し寄せている。老舗の日本ロレアルは、国内でのメイクアップ事業とネイルブランドから年内に撤退する。ヘアケア・ヘアカラー事業は継続する。新型コロナ拡大の影響により、化粧品需要が停滞する中での苦渋の決断だ。

記事を読む
韓国製の化粧品をフランス製と表示した「高島屋」は何法違反?

韓国製の化粧品をフランス製と表示した「高島屋」は何法違反?

消費者庁は2019年6月13日、実際とは異なる原産国を記載して有名ブランドの化粧品や雑貨をオンライン販売したとして、大手百貨店の高島屋に景品表示法違反の措置命令を出しました。

記事を読む
【TSIホールディングス】M&Aはアパレルブランドを救うか?

【TSIホールディングス】M&Aはアパレルブランドを救うか?

TSIホールディングスは中間価格帯が主力の大手アパレル企業だ。高級ファッションと「ユニクロ」はじめファストファッションによるアパレル市場の「二極分化」の影響を最も受けている業態。同社が低迷する市場で生き残るカギと位置づけているのがM&Aだ。

記事を読む
【コーセー】ブランドのグローバル展開加速

【コーセー】ブランドのグローバル展開加速

コーセーが海外事業を加速中だ。アジアの好調に加え、北米では4年前に子会社化した米タルトの業績が急拡大している。タルト買収は意外にも同社初の海外M&Aだが、ねらいがピタリとはまった。2016年に海外売上比率を現在の25%から35%に高める。

記事を読む
AIが化粧を指南? 資生堂が人工知能開発の米ギアランを買収

AIが化粧を指南? 資生堂が人工知能開発の米ギアランを買収

資生堂は2017年11月7日、米子会社のシセイドウ アメリカズ コーポレーションを通じてAI(人工知能)開発を手がけるギアランを買収した。資生堂は同社のディープラーニング(深層学習)技術を生かし、個人に合わせたバーチャルなメーキャップ体験や肌色判定などによる化粧品や化粧法を提案する。さらには売れ筋をつかむための精度の高いマーケティングでの活用にも期待をかけているようだ。

記事を読む
【資生堂】海外を舞台に大型のM&Aを推進

【資生堂】海外を舞台に大型のM&Aを推進

資生堂<4911>は連結売上高8,503億円、日本国内の化粧品事業でトップの売上高を誇る企業。連結売上高の業界1位は花王だが、その化粧品事業(花王でいうところのビューティーケア事業)自体の売上高は6,016億円。まさに資生堂が化粧品業界のトップ企業である。創業140年超の老舗はどんなM&A戦略をとってきたのか。

記事を読む
​「オンワードHDのオーガニック化粧品ベンチャー買収」のニュースで考えるアパレルビジネスノウハウの異業種活用

​「オンワードHDのオーガニック化粧品ベンチャー買収」のニュースで考えるアパレルビジネスノウハウの異業種活用

アパレル企業に近年取り扱いが広がる「ライフスタイル提案」ビジネス。オンワードHDは、アパレルビジネスで培ったノウハウで買収事業に磨きを掛けながら、新しい価値を提供できるのでしょうか?

記事を読む
女性のキレイになりたいをビジネスに オンワードがオーガニックコスメを買収

女性のキレイになりたいをビジネスに オンワードがオーガニックコスメを買収

アパレル最大手のオンワードホールディングスがオーガニックヘアケア製品で人気の「product」を買収した。新たな活路を見出しオーガニックコスメの分野に進出。しかしオーガニックコスメ市場は既に熾烈な競争が予想される。

記事を読む
【花王】異業種参入M&Aの雄が行った大型買収の効果は?

【花王】異業種参入M&Aの雄が行った大型買収の効果は?

洗剤や紙おむつなどの生活用品事業で国内シェアトップの花王。化粧品事業拡大のため多額をかけて行った大型買収と、M&Aで得た効果について検証する。

記事を読む