5-6 最後に「すべての道はROEに通ず」「ROEは一日にして成らず」

「すべての道はローマに通ず」ということわざがあります。 英語で All roads lead to ROME. といいます。

この ROMの ”M” を取って ROE、つまり All roads lead to ROE.「企業経営のすべての道はROEに通ず」 になります。

いままで多くの企業内で使用されてきた様々な指標 ROAやOPM (ROS) など、それは ROEの一構成要素にすぎません。
それらの数多くの指標の存在が、企業経営を混乱させてきたかもしれません。

しかしこの ROE~ROIC経営は、その数多くの指標をすべてROICツリーのもとに含め、その目指すべき最終ゴールはROEだということを、きわめて単純明確に示してくれるものと思います。 

またこういうことわざもあります。

「ローマは一日にして成らず」ROME wasn't built in a day.

これも同様にROMEの”M”を取って、ROE isn't built in a day. 「ROEは一日にして成らず」になります。

ROE向上は地道で時間のかかる全社を挙げての取り組みです。しかしそのROE向上こそが従業員、経営者そして株主の共通の目標であり、その成果がこれら利害関係者全員にいきわたるような、いわゆるWin-Winの関係を築いていただきたいと切に願っております。(完)

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

冊子での購読をご希望の方は、y.fujiwara@cross-border-bridge.com まで