menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波5-6】最後に「すべての道はROEに通ず」(最終回)

Cover 61b30d45 793b 45b0 a1cc 06a12c929a96

5-6 最後に「すべての道はROEに通ず」「ROEは一日にして成らず」

「すべての道はローマに通ず」ということわざがあります。 英語で All roads lead to ROME. といいます。

この ROMの ”M” を取って ROE、つまり All roads lead to ROE.「企業経営のすべての道はROEに通ず」 になります。

いままで多くの企業内で使用されてきた様々な指標 ROAやOPM (ROS) など、それは ROEの一構成要素にすぎません。
それらの数多くの指標の存在が、企業経営を混乱させてきたかもしれません。

しかしこの ROE~ROIC経営は、その数多くの指標をすべてROICツリーのもとに含め、その目指すべき最終ゴールはROEだということを、きわめて単純明確に示してくれるものと思います。 

またこういうことわざもあります。

「ローマは一日にして成らず」ROME wasn't built in a day.

これも同様にROMEの”M”を取って、ROE isn't built in a day. 「ROEは一日にして成らず」になります。

ROE向上は地道で時間のかかる全社を挙げての取り組みです。しかしそのROE向上こそが従業員、経営者そして株主の共通の目標であり、その成果がこれら利害関係者全員にいきわたるような、いわゆるWin-Winの関係を築いていただきたいと切に願っております。(完)

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

冊子での購読をご希望の方は、y.fujiwara@cross-border-bridge.com まで

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

ROEとM&Aの関係性ってあるの?

ROEとM&Aの関係性ってあるの?

ROEを重視する企業が増えていますが、どのように経営状況の良否を判断すればよいのでしょうか。M&A巧者で高ROE企業として知られるソフトバンクやRIZAP(ライザップ)を例に挙げ、共通点や相違点を分析してみたいと思います。


注目の記事

Thumb a74d3946 3b82 4cfc b75b 60ab0694085b

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

Thumb be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c
Thumb d90165c3 76c8 4aea 9ba4 1e345cdb709c