menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波5-4】従業員の株主化を推進しよう(1)

Cover d73bec58 9adc 46d3 89a8 4ee8dd7615d4

5-4 従業員の株主化を推進しよう(1)

資本効率化経営の成果がROE向上に結び付き、その結果が株価上昇となって株主に還元されるという仕組みのなかで、その中の主要なステークホールダー(利害関係者)である従業員、経営陣と株主がそれぞれWin-Winの関係を築いていくことが、この仕組みを継続させていくための鍵だと思います。そのステークホールダーの誰かを犠牲にして成し遂げるROE目標はおそらく短期間で破たんするでしょう。

その仕掛けが前頁までに述べた従業員と経営陣のROICとROEに連動するインセンティブ報酬制度ですが、さらに推し進めて従業員の株主化促進を強く推奨します。

従業員を企業の損益計算書の中で人件費というコストの扱いにとどめず、その従業員の働きの最終成果である当期純利益(株主への帰属分)の一部も株主としての従業員に還元しようという仕組みです。
それがための最も有効な方法は従業員持ち株会です。

東京証券取引所の調査によれば2016年3月現在、東証上場の国内企業3508社のうち従業員持ち株制度を有する企業は3123社。その3123社の時価総額は482.6兆円で、持株会が保有する自社株の総額は時価総額の0.97%にあたる約4.7兆円です。つまり全国平均では持株会はその企業の約1%弱の株式を保有していることになっています。しかしこの数字は米国などに比較すると極めて低い数字です。言い換えれば、日本の企業では従業員株主を拡大する余地が十分に残っているということもできます。

従業員株主は企業にとって安定的な長期保有の株主であると同時に、企業のROE向上あるいは株価上昇という株主の期待する方向と同じベクトルを有することになるのです。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波5-5】従業員の株主化を推進しよう(2)

【資本効率革命の波5-5】従業員の株主化を推進しよう(2)

従業員の持株会加入を後押しする施策として、企業からの奨励金の増額があります。奨励金支給の平均支給額は、拠出金1000円に対し80.04円(約8%)とまだまだ従業員の株主化を加速するには不十分な額といわざるを得ません。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344