menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波1-7】中期経営計画の目標はROEだけで十分

Cover ca468f64 3e14 4673 915e 2b91157097cb

中期経営計画の目標はROEだけで十分

多くの企業は中期経営計画として売上と利益の目標値を公表されています。

しかし売上げは外部環境に大きく左右されます。国内景気、欧米の経済動向、新興国の成長率そして為替レートなど、自分たちでコントロールできない外的要因により想定した売上計画は、あっという間に手の届かないところに行ってしまいます。

3年の中期計画を発表した直後に外部環境が変わり、残りの期間ずっとレームダック状態に陥った企業を数多くみてきました。

マクロ経済や市場そして為替など外部環境は経営の努力ではどうにもなりません。

そんな外部環境に大きく依存する売上は目標ではなく、あくまで想定値にとどめておくべきだと思います。せめて自助努力が目に見える市場シェア拡大とすべきでしょう。

中期計画で目標とすべきは、経営の努力が発揮される項目です。その観点から、売上げではなく利益優先ということになります。売上が未達になりそうであれば、原価を下げる努力をして総利益を確保するよう努力する余地があります。それも難しいようであれば、一般販売管理費などの経費を削減して営業利益を確保するよう努力する、それも難しい状況となれば、遊休資産や低採算事業を売却して当期純利益を確保する努力をする余地があるからです。最後に当期純利益確保も難しくなれば、発行済み株式数を削減して一株当たり利益(EPS)を確保、あるいは株主資本の圧縮を図ってROEを確保するという経営努力も残されています。

このように売上が想定から外れても、いくつかの経営努力を重ねれば、なんとか利益あるいはROE目標は手の届くところに近づいてきます。外部環境依存の売上を中心とした中期計画はやめにして、より実現可能な中期計画を株主・投資家は待ち望んでいます。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波2-1】ROE向上のために何をすべきか?

【資本効率革命の波2-1】ROE向上のために何をすべきか?

今回から第二章「それともROEで会社を変えますか?」の連載がスタートします。無借金企業はROE向上のために何をすべきでしょうか


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344