menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波4-2】部門の営業利益をその構成要素に分解しツリー展開

Cover 419574aa 6a4b 4ed8 933f 207cf426d916

4-2 部門の営業利益をその構成要素に分解しツリー展開

前頁からの続きです。

③ 次に売上高営業利益率の分子である営業利益をその構成要素に分解します

④ さらに原価と販売管理費(販管費)もそれぞれの構成要素に分解します。

企業によって項目は違いますが、原価は原材料や外注費など外部からの購買調達費や社内の製造固定費(人件費、経費や設備などの償却費)、販管費は人件費、経費や研究開発費などの部門のPL構成要素にできるだけ細かく、そして末端組織の責任担当項目と一致するよう分解していきます。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波4-3】部門の投下資本を構成要素に分解しツリー展開

【資本効率革命の波4-3】部門の投下資本を構成要素に分解しツリー展開

前回の続きです。部門の投下資本を構成要素に分解し、ツリー展開します


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92