menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波1-4】あらためてROEとは何か、その意味するところ

Cover 10544c38 c495 4bc2 aedf 0ef8da671764

あらためてROEとは何か、その意味するところ

株主資本当期純利益率ROEはReturn On Equityの略で、株主資本(Equity)に対する利益(Return)の割合で以下の計算式で表されます。

ここで注目していただきたいのはこの数式の分子も分母も100%株主に帰属する項目であるという点です。つまりROEの意味するのは株主の出資分に対して、企業は毎年いくらの還元(リターン)をするのかという、株式会社の基本の指標なのです。

まず分子の当期純利益は営業利益やあるいは税前利益などいろいろある利益の中で最終的に株主に帰属する利益(あるいは損失)です。1年間の企業活動で得た売り上げから、かかった費用(仕入れ、製造、人件費、経費、支払利子そして税金など)を差し引いて残った最終利益(損失)が当期純利益(損失)です。この当期純利益は100%株主に帰属するものなので、株主から100%還元(配当)してくださいと決議されたら、還元しなくてはならない利益です。

次に分母の株主資本です。企業は事業を行っていく上で必要な資金を、株主以外にも銀行から借り入れたり(有利子負債)、あるいは仕入れ先への支払いをある一定期間待ってもらったり(仕入れ債務)して調達していますが、これらは返済期限の決まった調達資金です。一方、株主資本は株主から調達した資金で、最終的に株主に帰属すべきものですが、ただ他の債務と違うのは決められたリターン(利子など)も返済期限もない点です。

日本でROEがなかなか根付かなかったのは、高度成長期に当期純利益のほとんどを再成長のために内部留保することが当たり前になっていて当期純利益が100%株主に帰属するという意識が薄かったことと、株の持ち合いにより株主資本はコストのかからない資金源だと誤解されていたことが要因だと思われます。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

 【資本効率革命の波1-5】「ROEよりも大切なもの」守れますか?

【資本効率革命の波1-5】「ROEよりも大切なもの」守れますか?

「ROEで社長を辞めますか」-連載第6回は、ROEが8%を下回ると株価が解散価値レベルに落ちるというお話です。ほんとうに「株主の過大な要求に過ぎない」のでしょうか。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333