menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波3-2】ROEは社内の部門業績目標用には使いにくい

Cover 16743d09 487c 455d 9ae8 7225b1b6424c

3-2 ROEは社内の部門業績目標用には使いにくい

前回で「ROE改善のためには全社挙げて、利益の拡大と株主資本の圧縮が必要だ」と申しましたが、事業部門にとっては分子の利益拡大は理解できるが、分母の株主資本圧縮は自分たちの貢献できることではないという認識が一般的です。

というのは、多くの企業では各事業部の目標は売上と利益、つまりPL中心で、自らの部門の資産や負債に対して、関心がないあるいはそもそもそういうデータを持っていないという例が多いからです。

これでは株主資本の圧縮に事業部門が積極的にかかわってROE改善を全社挙げて取り組む体制は構築できません。

連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波3-3】各事業部門のBSを策定する

【資本効率革命の波3-3】各事業部門のBSを策定する

規模の大きくない企業の多くではBSを各部門で策定するのは手間がかかる、あるいは共有資産の配分ができない、という理由で部門のBSを策定してないと聞いています。今回は、各事業部門のBSを策定する方法をお伝えします。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333