menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波 閑話休題(2)】株主資本コストは誰がどう決める?

Cover ebd50154 73a0 40ae 9d05 42ebbd6b0051

株主資本コストは誰がどう決める?

銀行借り入れや社債などの有利子負債のコスト(資金提供者の期待するリターン)は、予めその会社の信用度合い(リスク度合い)を判断材料として、最終的には交渉で決められ、契約書に明文化されます。

一方個別企業の株主資本コストは株式市場に参加している不特定多数の投資家がそれぞれの判断で推定していると言えます。したがってある一つの企業に一つの株主資本コストがあるわけではなく、投資家の数だけあるといってもいいでしょう。

リスクの高い投資には高いリターンを期待するのが投資の原則です。理論的には比例していると言えます。例えばチャートの右下にあるような投資案件はリスクが高い割にリターンが低い、こういう案件は投資を見送られ、自然にリターンを高くせざる(価格が下がる)を得なくなります

逆に左上にある案件はリスクの割にリターンが高いので、投資家の人気が高く、自然にリターンは低く(価格は高く)なっていきます。このように市場で投資案件のリスクとリターンはそれに見合ったレンジに最終的には収斂していくのです。

一般の投資理論(CAPM)では上場企業の株主資本コストErを以下のように求めています。

Er = Rf + β(Erm – Rf)
Rf: 国債などリスクゼロのリターン
Erm: 株式市場全体の平均リターン
β: その企業固有のリスクレート(市場平均とのかい離率、市場平均と同じリスクなら1)

ただその企業固有のリスクレートβは必ずしも実績だけではなく、今後の見通しなど投資家の判断にゆだねられるべきもので、結果として株主資本コストは唯一絶対的なものはなく、市場が決めている(多数の投資家の推定値のコンセンサス)と言えるのではないかと思います。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

森永乳業と森永製菓が2018年4月をめどに経営統合を検討していることが明らかになった。実現すれば、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生する。会社側の発表に先立ち「森永ホールディングス」を統合効果を試算した。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92