menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波3-1】ROE向上のために何をすべきか(普通の会社の場合)

Cover 4307b4de f88e 49d6 9d5b 7466c1242447

第三章 それともROEで会社を変えますか?
(その2:有利子負債を持つ普通の会社の場合)

有利子負債を持つ普通の会社のROE改善について提言しています。

これ以上あまり負債は増やしたくない、しかしROE改善は図りたいという企業が多いと思います。しかしROEはそのままではなかなか社内の目標には使いにくいものです。

それは社内各事業部門の業績目標がPL中心となっていて、BSに関心が当たってないからです。その解決方法としてROICというPLとBS両方の視点を含む新たな社内用業績指標の導入を提言しています。

全社目標であるROEをROICという目標に展開し、社内の全部門にROICを浸透させ、全社を挙げてROE改善を図ろうという提案です。

3-1 ROE向上のために何をすべきか(普通の会社の場合)

連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波3-2】ROEは社内の部門業績目標用には使いにくい

【資本効率革命の波3-2】ROEは社内の部門業績目標用には使いにくい

全社目標のROEはPLとBS両方に関わる指標ですが、社内の部門業績目標には使いにくいという指摘もあります。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70