ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【資本効率革命の波3-1】ROE向上のために何をすべきか(普通の会社の場合)

alt

第三章 それともROEで会社を変えますか?
(その2:有利子負債を持つ普通の会社の場合)

有利子負債を持つ普通の会社のROE改善について提言しています。

これ以上あまり負債は増やしたくない、しかしROE改善は図りたいという企業が多いと思います。しかしROEはそのままではなかなか社内の目標には使いにくいものです。

それは社内各事業部門の業績目標がPL中心となっていて、BSに関心が当たってないからです。その解決方法としてROICというPLとBS両方の視点を含む新たな社内用業績指標の導入を提言しています。

全社目標であるROEをROICという目標に展開し、社内の全部門にROICを浸透させ、全社を挙げてROE改善を図ろうという提案です。

3-1 ROE向上のために何をすべきか(普通の会社の場合)

NEXT STORY

【資本効率革命の波2-5】バランスのとれた資産と資本の構成を

【資本効率革命の波2-5】バランスのとれた資産と資本の構成を

2017/04/10

バランスのとれたBS構造(構成)を目指しましょう。ALMの視点からも有利子負債の活用を検討していただきたいと思います。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5