閑話休題(5):EVA®もROICとWACCが基本です

事業の価値評価のひとつに米国スターン・スチュワート社が開発したEVA®(Economic Value Added:経済的付加価値)があります。それは企業がある期間で産み出した収益を、投資された資本に対して測定したものであり、以下の式で定義されます

   経済的付加価値 EVA® = 税引き後営業利益 -資本コスト(率)×投下資本

上記の計算式は「ROIC=税引後営業利益÷投下資本」いう式を挿入して、資本コストWACC(加重平均の資本コスト)に置き換えると、以下のように展開できます

   経済的付加価値 EVA® = ROIC × 投下資本 -WACC×投下資本
                                      = 投下資本 × (ROIC –WACC

つまりそのROICが加重平均資本コストWACCを上回らない事業は付加価値を産んでないとみなされ、資本投下を含む経営資源の投入は抑制すべきというものです。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから