menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波4-1】部門目標のROICを組織の隅々まで浸透させる

Cover 797dcb7d 690d 4919 b088 184eb79c83a0

第四章 ROICツリー展開による全従業員への浸透

従来の社内各部門の目標は売上と利益に偏っていて、部門でも一部の関係者の目標でしかなかったというきらいがあります。

前章のROIC導入により、部門はPLだけでなくBSに対しても注目する仕組みができましたが、ここではそのROICを構成要素により細かく分解して、営業も購買もそして総務や経理など管理部門も、組織の全員がROICという共通の目標に多少なりとも係るような設計、いわゆるROICのツリー展開を提言しています。

4-1 部門目標のROICを組織の隅々まで浸透させる

ROIC指標は部門とPLとBS両方に関わっており、部門内の全従業員の協力なしには、目標達成は困難です。

ただROICはまだ新しい概念という企業も多く、ROICの全体像を全従業員が理解するには時間がかかるでしょう。しかしこのROICを要因分解して、それぞれ自分の担当する部署の目標に落とし込めれば、ROICはもっと身近なものになるはずです。

この章では、このROICツリー展開について説明しています。

① ROICの計算式の分子である税引後営業利益を営業利益と税金に分解します

② 次に上の営業利益/投下資本(投下資本営業利益率と呼ぶ)を因数分解します

ポイントは利益も資本も、売上高の関数として捉えることです

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波4-2】部門の営業利益をその構成要素に分解しツリー展開

【資本効率革命の波4-2】部門の営業利益をその構成要素に分解しツリー展開

ROICツリー展開による全従業員への浸透 第2回は、部門の営業利益をその構成要素に分解しツリー展開してみます。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70