menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波2-3】まず本社で取り組む資本効率化(2)借金経営のススメ

Cover d12f527b 35d9 4bf6 810e 5ea60034fa10

2-3 まず本社で取り組む資本効率化(2) 借金経営のススメ

保有する現預金のレベルはそれほど余剰というわけではないが、無借金経営を続けられている企業が多数あります。確かに見た目は健全な財務基盤です。

しかし高コストの株主資本だけに資金源を依存していると、社内の事業部門もその高いコストがハードルとなり、新規事業はなかなか育ちにくいのではないでしょうか。

創業期に銀行はなかなかお金を貸してくれなかったとか、事業が苦しい時に限って銀行は貸し渋ったり、貸しはがしたり、とにかく借金はいやだとおっしゃる創業社長もいらっしゃいます。筆者自身10年あまり銀行に身を置いていましたので、銀行の身勝手さはよく分かります。

しかし今はすでに上場も果たし、事業基盤も安定し、ある程度の規模に育った財務盤石の企業です。低金利で運用先の無い銀行は、好条件で貸し出してくれます。

それでも銀行の顔を観たくなければ、社債発行という手段もあります。

いずれにしても、資金源を8%以上のリターンを期待される株主資本だけに依存するのでなく、金利1%程度の有利子負債(借金)を持って、バランスのとれた資本構成を作ることにより、強欲な株主資本を圧縮されることをお勧めします。

有利子負債は上場企業にとっては有効でより安価な資金です。株主資本(自己資本)に対して有利子負債を他人資本ともいいますが、この二つは性格は違いますが企業にとっては同じ資本です。

8%と1%の資本を上手に使い分ければ利益はそのままでもROEは改善し、企業の平均の資本コストWACC*)は下がり、事業部門のクリアすべきハードルも下がります。これは本社財務部門の責任です。

*加重平均資本コストWACC:Weighted Average Capital Cost

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

森永乳業と森永製菓は経営統合に向けて検討を終了すると発表した。統合によって、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生すると期待されていただけに投資家の失望は大きく、両社の株価は急落している。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344