menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波 閑話休題(3)】利益の種類

Cover fd0b37aa 2bef 4989 906d 70c7637f971a

閑話休題(3):利益の種類

前回では税引後営業利益NOPATという耳新しい利益が出てきました。

ここで利益の種類について改めてまとめてみます。決算資料に出てくる利益は営業利益、経常利益、当期純利益ですが、その他にM&Aの企業買収価格の算定によく使われるEBITあるいはEBITDAという利益があります。

EBIT(Earnings before interest and tax;金利支払前税前利益)
=営業利益+支払金利以外の定常的営業外損益
=経常利益+支払金利
(EBIT≒営業利益とする事例もあります)

EBITDA(Earnings before interest, tax, depreciation and amortization:償却・金利支払・税前利益)
=EBIT+(有形固定資産償却費+無形固定資産償却費)

NOPAT(Net operating profit after tax:税引き後営業利益)
=EBIT x (1-実効税率)
(NOPAT≒営業利益 x (1-実効税率)とする事例もあります)

EBITやEBITDAが出てきた背景は、税金は国によって税率が違うし、償却費も償却方法やその国の税法によって異なるため、グローバル企業のM&Aには国によるばらつきをできるだけ小さくし、買収対象企業の真の実力(稼ぐ力)を見極めることが必要だからと言われています。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波3-6】ROIC目標導入で部門に期待する具体的アクション

【資本効率革命の波3-6】ROIC目標導入で部門に期待する具体的アクション

各事業がROICを高めるためには、「利益の拡大」と「投下資本の膨張抑制あるいは圧縮」が重要となります。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344