menu
Social media

ビジネス

【資本効率革命の波 閑話休題(1)】株主資本、自己資本と純資産

Cover 910069b8 3469 4cf3 8f83 268e3e1d31f8

閑話休題(1)株主資本、自己資本と純資産

このコラムでは株主資本という呼び方で統一していますが、2006年の新会社法の施行後、バランスシートの資本(純資産)の部の表記が変更になりました。

以前は株主資本、自己資本、純資産は全て同一のものとして扱われていましたが、新会社法のもとでは上の表のように区別されています。

ROEの計算で分母として上の3つのどれを使うかですが、株主に帰属する資本という点に着目すれば、自己資本が正しいと思います。しかしこの自己資本には土地や有価証券の評価差額が含まれていますが、一方で計算式の分子である当期純利益には有価証券や土地の評価差額は含まれていません。つまり分子と分母が整合していないのです。

個人的には分子と分母の整合を図って、株主資本を分母とすべきと思います。

ただし有価証券報告書などの適時開示書類の計算式ガイドラインでは、分子と分母の整合性には目をつぶって、自己資本を使うように指示されているようです。

また、純資産は新株予約権者と少数株主など当社の株主でない人の持ち分も含んでいるため、これをROEの計算式には使えません。

ところで筆者は株主の持ち分を自己資本という呼び方は誤解を招きやすいのでないかと思っています。株主資本に対して自己資本と呼ぶのは、株主以外の誰か他の人に帰属する資本のように聞こえてしまうからです。

帰属先を明確にするためにも自己資本も含めて株主資本という呼び方に統一すべきではないかなと思っています。

例えば株主資本=狭義株主資本、自己資本=広義株主資本というように。

文:クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原裕

【バックナンバー】連載コラムを読みたい方は、こちらから

クロス・ボーダー・ブリッジ株式会社 代表取締役 藤原 裕

7a5df4ac a5d1 4c80 a8c8 73a0ab7fdc6b

経歴: 1974年 東京大学工学部資源開発工学科を卒業 1974年 三井海洋開発(株)入社、海洋石油掘削装置(リグ)の開発およびマーケッティングに従事 1987年 安田信託銀行(株)入社、M&Aコンサルティングチーム統括、同社ニューヨーク副支店長、シカゴ支店長歴任 1998年 オムロン(株)入社、米国子会社社長、本社財務IR室長、執行役員常務・グループ戦略室長、同・経営IR室長歴任 2011年 オムロン(株)退社 2011年 クロス・ボーダー・ブリッジ(株)設立、代表取締役に就任(現任) 2013年 ナブテスコ(株)社外取締役に就任(現任) HPはこちらから http://cross-border-bridge.com/index.html


連載 資本効率革命の波

NEXT STORY

【資本効率革命の波1-4】あらためてROEとは何か、その意味するところ

【資本効率革命の波1-4】あらためてROEとは何か、その意味するところ

「ROEで社長を辞めますか」-連載第5回は、ROEの計算式が意味するところについて解説します。分子も分母も100%株主に帰属する点に注目してください。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333