ソフトバンクG、アリババ株譲渡で2.6兆円の売却益

alt
REUTERS

[東京 15日 ロイター] - ソフトバンクグループは15日、アリババ株式を子会社に譲渡し、これに伴い2023年3月期の単体決算に約2兆6000億円の売却益を計上すると発表した。

ソフトバンクグループは投資活動を大幅に縮小し、電子商取引大手アリババの株式といった主要資産を売却した。経営陣はさらに資金を調達するため、英半導体設計子会社アームの新規株式公開(IPO)を目指している。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

前澤氏のZOZO株売却は「ポストコロナ」の投資行動として正解

前澤氏のZOZO株売却は「ポストコロナ」の投資行動として正解

2022/08/28

ZOZO創業者の前澤友作氏が、同社株270万株を売却した。売却額は85億9950万円となる。前澤氏の持ち株比率は9.99%に。今回の売却は新会社設立プロジェクト立ち上げのためだが、ポストコロナ時代の投資行動としても「正解」と言える。なぜか。

関連のM&A速報