アリババの記事一覧

アントIPO延期の原因はジャック・マーの「失言」ではなかった

アントIPO延期の原因はジャック・マーの「失言」ではなかった

ジャック・マー氏が創業したアリババグループの金融サービス部門アント・グループの新規株式公開が突如として中止された。報道では「マー氏の当局批判が問題視された」「習近平体制の強化を狙ったパフォーマンス」との憶測が飛び交っているが、本当にそうか。

記事を読む
滴滴出行、程維(チェン・ウェイ)CEO【中国経営者シリーズ10】

滴滴出行、程維(チェン・ウェイ)CEO【中国経営者シリーズ10】

中国企業の経営者を紹介するシリーズ。今回はタクシー配車サービス「DiDi」を運営する滴滴出行(ディディチューシン)の創業者で、CEOの程維(チェン・ウェイ)を取り上げる。

記事を読む
アリババ、ジャック・マー(馬雲)会長【中国経営者シリーズ1】

アリババ、ジャック・マー(馬雲)会長【中国経営者シリーズ1】

中国企業の経営者を紹介するシリーズ。今回は、アリババ・グループ会長のジャック・マー(馬雲)氏を紹介する。2018年9月10日、ジャック・マーは1年後にアリババ・グループの会長職を辞すると発表し、世間を驚かせた。

記事を読む
【中国動向集団】オリックスからスポーツウエアの「フェニックス」を買収

【中国動向集団】オリックスからスポーツウエアの「フェニックス」を買収

中国企業のM&A戦略を紹介するシリーズ。今回は2008年にオリックスからスポーツウエアメーカーのフェニックスを買収した「中国動向集団有限公司」を取り上げる。

記事を読む
アリババ集団傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が「百度外売」を買収

アリババ集団傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が「百度外売」を買収

今年8月、アリババ・グループ傘下の出前アプリ「餓了麼(ウーラマ)」が同業の「百度外売」を買収した。中国では日本以上にデリバリー文化が深く根付いており、2017年第3四半期の取引規模は582.7億人民元(約9,985億円)と毎年成長を続けている。今回の買収で業界のトップシェアを盤石にしたい模様だ。

記事を読む
アリババ、東南アジアの通販大手「ラザダ(Lazada)」を買収

アリババ、東南アジアの通販大手「ラザダ(Lazada)」を買収

10月10日の米株式市場で、時価総額が4,700億ドル超(約52兆6400億円)とアリババ・グループ(阿里巴巴集団)が米国アマゾンを上回った。今回は、中国国内では圧倒的なシェアを持つアリババによるラザダの買収をみていく。

記事を読む
【ベンチャーM&A】フィンテックM&Aの最新動向2017

【ベンチャーM&A】フィンテックM&Aの最新動向2017

米シリコンバレーを中心とするベンチャーM&Aの動向を現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポートします。フィンテック分野でのM&Aが活発化しそう、と年初に予想しましたが、果たしてどうでしょうか。オンライン決済のペイパルとアントファイナンシャルに動きがあったようです。

記事を読む
世界最大の流通企業アリババ、ジャックマーが次に見ている世界

世界最大の流通企業アリババ、ジャックマーが次に見ている世界

世界最大のEC(電子商取引)プラットフォームを提供する中国のアリババ社。年間流通総額は50兆円と楽天の約20倍で、米小売り最大手のウォルマートを上回る。世界一を達成したアリババ創業者で会長のジャックマーは次にどんな世界をめざしているのだろうか。

記事を読む
【ソフトバンク】(1)M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

【ソフトバンク】(1)M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

1995年3月期。今から20年前の株式公開時には、売上が1,000億円に届いていなかったソフトバンク。それが2014年3月期にはなんと売上高6兆7,000億円、営業利益は約1兆円に達する日本を代表する巨大企業に成長した。M&A巧者の軌跡を追う。

記事を読む