トップ > 調べる・学ぶ > M&A入門 > M&A基礎知識 >【解説】議決権行使助言会社とM&A

【解説】議決権行使助言会社とM&A

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

議決権行使助言会社とはどんな会社?

議決権行使助言会社とは、機関投資家などが保有している銘柄の議決権行使に関する助言をおこなう会社のことです。

国内大手機関投資家では社内に議決権行使担当者がいますが、海外の機関投資家や小さな運用会社は、議決権行使の専任者を置く余裕がない場合が多くなっています。

しかし議決権行使助言会社を利用すれば、機関投資家は投資先企業の議案をいちいち精査しなくてすみます。忙しい機関投資家に代わって、どのような議決権行使をすれば株主にとって有利なのかをアドバイスしてくれるからです...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY