ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

M&A指南 六つの大切なこと(1)銀行の提案って・・・

alt

よくあるご相談

 当事務所でしばしば相談を受ける内容に「銀行提案の内容についての見解を求められる」というものがあります。今までの経験上、銀行提案によるM&Aや事業承継対策案はテクニカルに過ぎることが多いです。

 例えば事業承継であれば、多くの場合「ホールディング会社を設立して・・・」という内容の提案となります。(もちろん、それはそれで一定の税務上の合理性はあります)

 これがM&Aとなると、ケイースバイケースで簡単に文章に書きにくいのですが、かいつまんで言うと、何らかの間接保有や、間接的なカネの流れ、ひと手間多いスキームとなっていることが多いです。新規に法人を設立することが含まれていることも多いです。そしてその内容は多くの場合、非常にテクニカルです。 

例えば・・・

 例えばかつて、とある銀行から、ある商材でフランチャイズ展開をしていて好業績となっている事業を譲渡したい会社がある、というハナシが当事務所のクライアントに持ち込まれたことがありました。ここではA社としましょう。

 A社の社長は若く、かつ、フランチャイザーとして展開している事業はもともとA社の本業ではありません。その若い社長さんは他にやりたいことがあり、本業でないフランチャイザー業務に経営資源(人・モノ・カネ・情報)を割きたくないことと、そこでの運転資金のための借入金の負担も軽くしたい、というのが事業を売却したい動機でした。

 ここで銀行が提案してきたスキームは、まずはそのフランチャイザー事業だけを切り離した新設分割の100%子会社を設立し、その100%子会社の株式を買い手側企業に売却する、というものでした。

 それはそれで一見スッキリしたスキームですが、その場合、法人を新設分割するにあたり在庫や債権債務や各種契約関係を整理し、さらにその後、その新設法人の株式を売買する時に再び在庫や債権債務の査定(デューデリジェンス)をしなければなりません。

 それであれば、新設分割をするであろう時に作成する情報をデューデリジェンスし、そのまま新設分割での法人設立をせずに、事業譲渡として債権債務ごと買い手側企業が直接事業を買い取る(または買い取り用の法人を新設し、そこが買い取る)方が二度手間にならず、かつ、素早く正確な情報に基づく実行ができます。

高橋 秀彰 (たかはし・ひであき)

高橋秀彰 綜合会計士事務所代表

    高橋秀彰綜合会計士事務所 代表。1965年生まれ、愛知県出身。公認会計士、税理士、宅地建物取引士。燦ホールディングス株式会社(東証一部上場)社外監査役。 

    人呼んで「会計業界のブラックジャック」(ただしライセンスは有り)。他の会計事務所では手に負えない難度の高い案件を得意としており、数多くの相続対策、企業の予算管理、事業承継(M&Aを含む)、不動産取引スキーム立案実行等によるクライアント救済の実績を持つ。その他、一般企業を対象とし、独自に開発した財務分析ツールを用いて行う決算検討会も好評を博している。 

 

  

また、京都花街のお茶屋では稀有な顧客として知られ、京都花街の不文律や裏事情にまで精通している。2017年に『「一見さんお断り」の勝ち残り経営』( http://amzn.to/2qW9r9e)~京都花街お茶屋を350年繁栄させてきた手法に学ぶ~ぱる出版/1500円+税を出版。

高橋秀彰綜合会計士事務所

(http://takahashijimusyo.net/index2.html)


〒530-0004 大阪市北区堂島浜2丁目1番29号 古河大阪ビル本館1F

      TEL 06(6450)8510    FAX 06(6450)8520



NEXT STORY

「仮想通貨」の未来は 交換業者のM&Aは仮想か現実か

「仮想通貨」の未来は 交換業者のM&Aは仮想か現実か

2018-02-12

仮想通貨の交換業者を規制する動きが強まりそうだ。そうなるとシステムの安全性向上などに多くの資金が必要になることが予想されるだけに、今後これら交換業者のM&Aにもスポットが当たりそうだ。