ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】アフターM&Aと企業文化

alt

アフターM&Aと企業文化

会社の規模の大小に問わず、どの会社にも固有の企業文化(カルチャー)があります。買収後のアフターM&Aの事業運営にあたって、十分な配慮が必要になるのが、この「違い」です。

いわゆる「俺色に染まれ」的なM&Aでは、うまくいかないと考えてよいでしょう。カルチャーの違う会社を無理に統合し、買い手企業のやり方や流儀を押し付けようとすると、買収した会社の業績を支えていた優秀な社員が次々と辞めてしまうといった不幸な事態になりかねません(実際によくある話です)。

もちろん、業績が悪い会社を買収した際には、業績の建て直しが必要ですから、儲かっている会社のカルチャーを浸透させていくような社員の意識改革も必要となるでしょう。

一方で、業績の良い会社を買収した場合には、必要以上の変化を強いることは大きなマイナスにつながることがあります。相手の企業文化を尊重せず、買い手側が一方的に従わせようとすると、買収された会社の社員のモチベーションが下がり、業績の悪化へとつながってしまうからです。

アフターM&AのマネジメントをPMI(ポストマージャーインテグレーション;Post Merger Integration)といいますが、高度なコンサルティングを必要としない中小企業のM&Aであっても、企業文化の違いに気を配るだけで、失敗のリスクが低くなります。

アフターM&Aにおいては、十分なコミュニケーションをとって、お互いの企業文化に配慮しつつ、社員のモチベーションをいかに高めていくかが非常に重要となります。

文:M&A Online編集部

関連リンク
【キャリア】経営統合後の社風の変化、自分で気付くための「外的キャリア」「内的キャリア」とは?
【キャリア危機への処方箋(2)】「正論で反論」は逆効果。社内抗争をうまく切り抜けるには?

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【短期集中連載】ネクストステージに向かう日本企業のM&A戦略/マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、佐々木玲子氏 インタビュー(3)

【短期集中連載】ネクストステージに向かう日本企業のM&A戦略/マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、佐々木玲子氏 インタビュー(3)

2016/10/26

組織・人事面を中心にクロスボーダーM&Aの支援を行ってきたマーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、佐々木玲子氏が語る、日本企業が目指すM&Aの新たなステージとは何か。連載第3回は、事業や組織の強化・再編という課題と取り組みについて話を伺った。