M&Aの現場で耳にする2つの「5%ルール」

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

M&Aの世界で「5%ルール」と言えば…?

M&Aの現場では「5%ルール」と言う場合、次の二つがあります。一つは、金融商品取引法(証券取引法)の大量保有報告制度で通称「5%ルール」と呼ばれるもの。もう一つが、独占禁止法(※)の議決権保有規制の「5%ルール」です。

同業他社から競合する事業を買収する場合に、独占禁止法に抵触していないかどうかが問題となります。この独占禁止法の「5%ルール」には例外規則が設けられており、一般事業会社の再生支援の局面では、銀行・保険会社の議決権保有規制が例外的に許可されます...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5