「中小企業の後継者はこのように確保する」しっかり学ぶM&A基礎講座(12)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日本政策金融公庫総合研究所が2016年2月に公表した「中小企業の事業承継に関するインターネット調査」によると、中小企業経営者の約5割が自分の代で事業を廃止する予定であり、その理由として約3割が後継者確保の問題であると回答しています。

我が国経済を支える中小企業の事業承継を円滑に進めるためには後継者の確保という課題を避けては通れません。そこで今回は中小企業が後継者を確保するための方策について確認してみたいと思います。

事業承継で重要な後継者確保

事業承継は企業経営の全体を承継するものであり、それを構成する要素はおのずと広範なものになります。事業用の不動産や設備、預金や借入金などの金融商品、それらを包含するものとしての自社株など資産や負債の承継が中心的な要素となります。技術やノウハウ、取引先との関係、企業自体の信用など形のない知的資産もその対象といえます。こうした物の承継だけでなく、後継者の確保という人的な課題も重要な要素です。

後継者という言葉を使う場合、経営者の子息など親族承継者を指すことも多いといえますが、近年では親族外承継や第三者へのM&Aの割合も増えてきています。その背景には子どもの職業選択の意思を尊重する風潮や事業環境の変化なども影響していると考えられます。親族への承継、親族外承継のいずれの場合にも後継者の確保には長い時間や慎重な判断が要求されますので早めの対応が重要になります。

後継者の育成には一定の期間が必要

中小企業基盤整備機構が2011年3月に公表した「事業承継実態調査報告書」では、後継者の育成にかかる期間として半数以上の経営者が5年あるいは5年~10年の期間を考えていることが示されています。そのため、事業承継計画の策定には後継者の育成などの期間も十分に考慮されなければなりません。

後継者を育成する方法は社内での教育と社外での教育に分けて考えると良いでしょう。社内での教育としては様々な部門に異動させて企業全体の経験や知識を身に付ける方法が考えられます。また、早い段階で上級管理職や子会社の社長を経験させたり、取締役として経営会議や役員会に出席させたりすることでマネジメント経験を積ませることも重要になります。

一方で、社外での経験を積ませることも有用です。他の企業で経営や業務に関する新たな視点や知識を得られたり、人的ネットワークを構築したりすることに役立つことが考えられます。また、社外での教育では外部セミナーなどの活用も有用なものといえます。

例えば中小企業大学校では10カ月間におよぶ経営後継者研修が毎年開催されています。この研修は次世代経営者の育成を目的にしており、経営戦略、マーケティング、財務などの経営スキル、自社分析、ゼミナールなどから構成される全日制のカリキュラムが提供されています。また、都道府県の商工会議所や商工会でも経営革新塾などのセミナーが随時開催されていますので後継者の教育に活用したいところです。

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

【飯田グループホールディングス】6社統合から5年「戸建分譲・日本一」を快走中

【飯田グループホールディングス】6社統合から5年「戸建分譲・日本一」を快走中

2018-04-10

飯田グループホールディングスは「戸建分譲・日本一」を誇る。その販売数はグループ6社で4万戸を超え、他を圧倒する。低価格帯の分譲住宅を主力とするパワービルダーの代名詞的存在だ。住宅業界を騒然とさせた前代未聞の経営統合から5年。現在の姿は?