menu
Social media

ビジネス

【中小企業のM&A】会社の値段を決める3つの要素とは

Cover f2093ace c1d4 4105 8ea4 d50b8a653d74

会社の値段を決める3つの要素とは

これまで会社の値段を決める「算定プロセス」と「手法」についてみてきました。

【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?
https://maonline.jp/articles/value1006

【中小企業のM&A】企業評価の手法
https://maonline.jp/articles/value1007

今回は、会社の値段を決める「3つの要素」についてお話したいと思います。

さて、みなさんは「お金持ち」というと、どんな人をイメージしますか?

いわゆるセレブと呼ばれる名家の出身の方でしょうか。あるいは医師や弁護士などのプロフェッショナルでしょうか。事業で成功したベンチャー企業の創業者を想像されるかもしれません。売れっ子の芸能人やプロデューサー、ベストセラー作家を挙げる方もいるでしょう。

お金持ちの会社にもいろいろある

会社にもこれと同じことが言えます。成長性がなくとも社歴が古くて昔からの資産をたくさん持っている会社もあれば、成長性が高くさらに今後もお金持ちになる見込みが高い会社などです。

お金持ちの会社にもいろいろあると申し上げましたが、だからといって会社の値段を評価する方法が無限にあるわけではありません。

ざっくり言うと、会社の値段を決める要素は「たった3つ」しかないのです。

会社の値段を決める要素は「3つだけ」

1.資産価値(今現在資産のある会社)

1つ目は、その会社が資産持ちの会社かどうかです。資産がたくさんある会社は不景気になってもすぐにつぶれる心配が少なそうですし、就職や転職をするのにも安定しているといえます。取引先としても安心できます。

では、資産がたくさんあって借金が多い会社はどうでしょうか。借金が多いと返済も大変ですし、それだけ利息を払わなければなりません。

したがって価値が高い会社とは、資産が多くて借金が少ない会社ということになります。

2.収益力(稼ぐ力が大きい会社)

2つ目は、その会社が儲かっているかどうかです。現時点ではそれほど資産を持っていなくても、利益がたくさん上がってる会社はいずれ資産家になるでしょう。

儲かっている会社は利益を元手にさらに生産性を上げるような投資ができます。そうなればさらなる利益を見込めるでしょう。

こうした期待を含めて儲かっている会社は価値が高いのです。

3.需給(会社を取り巻く市場環境)

3つ目は、需給-相場環境です。株式市場の相場環境がよいときには、会社の値段も高く評価されます。

中小企業

NEXT STORY

企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

M&Aの実務において、買収価格の決定のために行う業務の一つとして財務デューデリジェンス(財務DD)があります。財務DDは、被買収企業の財務実態を正確に把握するために行うものです。財務DDのスタート地点となる企業価値の評価手法、そしてプレミアムとディスカウントについて解説します。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c