【経営者・M&A担当者向け】

M&Aの交渉に必要な資料とは

-詳細な資料作成が要求される

M&Aを進めるにあたっては、さまざまな資料が必要になります。下表「M&A交渉に必要な主な資料」は、通常のM&A交渉で必要となる資料で、このほか業種や業態に応じて、許認可資料や図面など必要な資料が異なってきます。

有力な買い手候補先が現れたら、その企業のリクエストに従って各種資料を用意します。これらの資料は買い手企業がM&Aを検討し、買収条件を提示するために必要なものとなります。

いい加減な資料を提出したり、後で数字が合わないなどとなると、信用を失くしてしまい、最悪の場合は破談につながる可能性もあるため、正確な資料を用意し、買い手の信頼を得ることが大切になります。

M&A交渉に必要な主な資料(例)

会社の基礎資料財務関連人事関連契約関連
・会社案内
・製品案内
・商業登記簿謄本
・株主名簿
定款など
・税務申告書、決算書、勘定科目内訳書(直近3期分)
・月次試算表(直近月まで)
・固定資産台帳
・事業計画書(今後3ヵ年)
・組織図
・役員や部門長の経歴書
・従業員名簿
・就業規則や退職金規程など各種規程
・取引先との契約書
・賃貸借契約書
・リース契約書一覧
・保険契約書一覧
・その他経営に関わる重要書類など

文:M&A Online編集部

この記事もおすすめ
【現場の声】譲渡後の取引先との関係性はどうなる?~M&A相談所~その時どうする?
【現場の声】家族のため急きょ会社を譲渡することに…。あさひ薬局、スピード成約のM&A事例