menu
Social media

ビジネス

【現場の声】M&Aで問題となる簿外債務とは?

Cover ea67d5d5 8b82 414d be9b e2b629e7ba82

M&Aで問題となる簿外負債とは?

中小企業の多くは、税法基準で会計処理をしているため、必ずしも資産・負債の各項目が正しく決算書に計上されているわけではありません。むしろ実態を表していないケースの方が多いと思われます。

決算書に計上されていない、帳簿の外にある負債のことを「簿外負債」といいます。例えば、従業員の退職金や賞与の引当不足などが一例として挙げられます。

なおこれらの引当不足は、会計上の問題なので、公認会計士や税理士に助言をあおげば、把握することができます。

中小企業M&Aで問題になるのは「他社の保証行為をしている」「社会保険にきちんと加入していない」「工場用地に土壌汚染のリスクがある」「訴訟のリスクを抱えている」などの偶発的な債務です。簿外負債がある場合は、きちんと相手方に伝えましょう。なぜなら簿外負債があることよりも、それを隠す姿勢のほうが問題だからです。

中小企業

NEXT STORY

【意外な子会社】セブン&アイがバーニーズNYを買収(2015年2月)

【意外な子会社】セブン&アイがバーニーズNYを買収(2015年2月)

セブン&アイがバーニーズジャパンを完全子会社化したのは2015年2月。バーニーズのブランド力とバイイングや売り場編集力のノウハウが必要と判断したからだ。しかしセブン&アイホールディングスは、総合スーパー(GMS)主導のオムニチャネルに力を入れており、バーニーズの強みを活かし切れていない。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91