非上場会社と非公開会社はどう違うの?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

「非上場だから非公開」とは限らない

 「非上場会社」と「非公開会社」-どちらも同じ意味で使われるケースが見受けられますが、全くの別物です。先ずは非上場会社ですが、こちらは文字通り証券市場に上場していない会社を指します。一方で非公開会社を非上場会社と同じとするケースも散見します。実は「非公開会社は非上場会社だ」は正解ですが、必ずしも「非上場会社は非公開会社だ」とは限りません。なぜこういうことが起こるのでしょうか?

 非公開会社とは会社法でいう「公開会社ではない株式会社」に当たります。一言でいえば「会社の許可なく勝手に自社株を他人に譲ってはいけないという譲渡制限がついている株式会社」のこと。自社株の譲渡制限がなければ、非上場会社であっても公開会社となります。反対に非公開会社は会社の許可がない株式譲渡を一切禁止しているため、例外なく非上場会社です。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

非公開企業の株式を売却して現金化したいのですが

非公開企業の株式を売却して現金化したいのですが

2016-03-24

非公開の同族会社で経営に参加しない者が保有する株式を現金化できるのでしょうか?