menu
Social media

法律・マネー

【M&Aの基礎講座】会社の一部だけを売りたい

Cover 165f36b2 45a3 4885 bb8a 6f17eaa6f6ab

会社の一部だけを売りたいのですが

事業譲渡」と「会社分割」が代表的な手法である

会社の一部だけの譲渡は、事業譲渡会社分割といった手法で行うことが出来ます。

どの部分を売り、どの部分を残すのか、どのような手法を選択するのかについては、事業上の要因のほかに、顧客や取引先との関係、特に金融機関などに対しても配慮して決める必要があります。

また、手法により譲渡代金の受け取り方や税金も異なりますので、税理士などを交えて事前にシミュレーションを行ったほうがよいでしょう。

ただしM&Aはお相手があってのこと。会社の一部分だけを切り分けても買い手が魅力を感じるか、複雑な手法を用いることを買い手が嫌がらないか、など交渉相手のことも考えて検討する姿勢が大切です。

会社の一部を譲渡する例

「不採算部門を譲渡したい」

採算の悪い事業を切り離して、業績の良い事業に集中する戦略的譲渡です。採算の悪い譲渡対象の事業を欲しがる相手がいるかどうかがポイントです。事業を切り離すことが目的なので、売却条件にこだわるより、交渉がまとまることを優先すべきです。

「優良部門を譲渡したい」

引退を希望していたり、運用コストが重たいなど、優良部門を譲渡して借り入れを返済したり、残った事業を手仕舞いするケースです。不採算部門の譲渡に比べて買い手はつきやすいといえます。手元に残った不採算事業は速やかに整理すべきでしょう。

「事業の選択と集中のため」

多角化など事業を広げすぎた部分を整理するために、一部を譲渡するケースです。残った事業に譲渡代金を再投資して、コア事業への集中を図ります。

ワンポイントアドバイス

買い手の付きやすい事業の分け方を考えることも重要。また複雑な手法(スキーム)はM&Aに不慣れな買い手企業には嫌がられるので注意しましょう。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


M&A基礎知識

NEXT STORY

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

週刊住宅新聞社の破産申請、情報誌事業は別会社で継続

(株)週刊住宅新聞社は10月31日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は債権者1195名に対して4億4504万円。うち、新聞の購読者は1019名。「週刊住宅」発行事業は(株)週刊住宅タイムズが引き継ぎ、その他の出版物の版権などの一部も他社へ売却している。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333