他社との連携による事業拡大にも注力

プレミアグループは中古車仕入れに関して2018年8月にUcarPAC(ユーカーパック)と提携した。効率的で無駄のない中古車の買い取りができるユーカーパックのサービスを加盟店に提供する。

中古車の買い取りは前オーナーから買い取った自動車を新オーナーに提供するまでの手順が複雑で、複数の中間業者が介在しており、多くの手間や時間がかかる。

これに対しユーカーパックのサービスはネットを活用することで、手間や時間を省くことができる。サービスは自動車を売りたいオーナーが査定を受ける「ユーカー査定」と、中古車買取会社や中古車販売会社が参加可能な中古車のオークションサイト「ユーカーBID」の2つのサイトからなる。

オーナーは取次店などで「ユーカー査定」を受ければ、独自のアプリで車両情報がデータ化され、そのまま「ユーカーBID」に出品でき、最大3000社以上の中古車買取会社や中古車販売会社から買取価格の提示を受けることができる。

一方の中古車買取会社や中古車販売会社はネット上で簡単に中古車を仕入れることができるため、時間や手間を大幅に削減できる。

もう一つの新しい事業はパーク24との連携で実施する。パーク24が展開するクレジット決済サービス「タイムズペイ」を、自動車販売店に低コストで運用できるシステムとして提供し、自動車販売店の顧客満足度の向上や販売機会の拡大などに役立ててもらう。

タイムズペイは持ち運びが可能な無線端末で、店舗外でのクレジットカード決済が可能なため販売機会を増やすことができる。主要な6社のクレジットカードに対応しており、2018年秋からは電子マネーにも対応する。

さらにハードの販売にも乗り出した。2017年7月に潮来自動車販売と合弁会社CIFUT(シフト)を設立し、自動車ローン会社やリース会社、レンタカー会社などに自動車エンジンの始動を遠隔制御できる機器を販売する。

この装置を自動車に取り付ければローンやリースなどの支払いが滞った場合、エンジンを始動できなくすることができる。同機器はGPS機能を搭載しており、車両の位置や走行情報などが得られるため盗難防止にも役立つ。

プレミアグループは日本国内で着々と自動車を取り巻く事業体制を整えつつある。同時に海外での展開も本格化させている。