マジョリティー出資よりPMIが難しいことも

ある側面から見れば、マイノリティー出資のPMIはマジョリティー取得の場合に比べて難しい。

例えば、ある企業では、戦略的なシナジーを企図しマイノリティー出資を行い、協業事項については契約上も記載していたのだが、パートナー企業に対する経営権を持っていないがゆえに、パートナー企業の社員からは「所詮マイノリティーでしょ」という目で見られ、対等な議論をさせてもらえなかった、という派遣社員の嘆きの声も聞かれた。このケースでは、当該想定されたシナジーは残念ながらほとんど実現していない。

マイノリティー出資で苦い思いを経験した事業会社のM&A担当者からは、「マイノリティー出資は2度とやりたくない」「過去の反省を踏まえて、今後は戦略的目的のM&Aでは絶対にマジョリティーをとる」という半ば恨みにも似た声を聞く。

マイノリティー出資で戦略的なシナジーを実現するのは、マジョリティー取得よりも難しい。取引リスクは確かにマイノリティー出資のほうが低いのだが、シナジーを発現できないリスクはマイノリティー出資のほうが高いのだ。

従って、マイノリティー出資を選択する場合には、マイノリティー出資の中で、企図したシナジー実現のために必要なPMIとは何かを十分考える必要がある。 今後、マイノリティー出資を検討しようとしている方は、出資後どのようにシナジーを実現させていくか、明確に描けているだろうか?  

マイノリティー出資を実行したが、思うような成果が出ていないケースは少なくない。次回の連載以降、マイノリティー出資での具体的なPMI活動についてお伝えしていく。

                                                                       文:MAVIS PARTNERSマネージャー 井上舞香