ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【コシダカホールディングス】女性を招くフィットネス 買収後に飛躍的成長

alt

【経営陣】二代目の腰髙博氏、1995年から社長

 コシダカのルーツは1964年、腰髙善治氏が群馬県前橋市で創業した中華料理店「新盛軒」である。1967年に法人化し、最盛期は6店舗を運営した。現社長で善治氏の息子の腰髙博氏は1986年に新盛軒(現コシダカホールディングス)に入社。1995年に代表取締役社長に就任した。56歳。

【株主構成】創業家の持ち株比率50%超

コシダカホールディングスの上位株主

氏名又は名称 所有株式数(株) 持株比率(%)
株式会社ヨウザン 5,832,000 30.38
腰髙 博 2,310,000 12.03
株式会社アイエムオー 1,366,000 7.11
日本トラスティ・サービス信託銀行 717,300 3.74
BBH FOR FIDELITY LOW-PRICED STOCK FUND(ALL SECTOR SUBPORTFOLIO) 655,180 3.41
腰髙 修 554,000 2.89
NORTHERN TRUST CO.(AVFC) REFIDELITY FUNDS 448,500 2.34
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 398,400 2.08
BBH FOR FIDELITY PURITAN TR: FIDELITY SR INTRINSIC OPPORTUNITIES FUND 286,000 1.49
資産管理サービス信託銀行 245,000 1.28
12,812,380 66.73

(注)上記のほか、自社所有の自己株式500,360株(2.61%)があります。2015年8月末時点、有価証券報告書を基に作成

 筆頭株主のヨウザンは腰髙博社長とその親族である腰髙美和子氏が議決権の過半数を所有する資産管理会社である。2位は腰高博社長。3位のアイエムオーは専務取締役の腰髙修氏が全額出資し代表取締役を務める資産管理会社。腰高修氏本人の持ち株(55万4000株)も合わせると、創業家で50%超を保有しており、高い持ち株比率となっている。